カテゴリー:佐竹氏

  • 佐竹義宣

    佐竹義宣 なんとか戦国時代を乗り切った律義者の世渡り

    佐竹義宣(さたけ-よしのぶ)は、戦国時代後期の常陸の戦国大名で、1570年に佐竹義重の嫡男として常陸・太田城にて生まれました。 母は伊達晴宗の娘になります。 この頃、佐竹家は小田原城主・北条氏直、米沢城主・伊達政宗と…
  • 岩城宣隆(多賀谷宣家)

    岩城宣隆(多賀谷宣家) 佐竹家の一族として真田幸村の娘を迎える?

    岩城宣隆(いわき-のぶたか)は、1584年に常陸・太田城主である佐竹義重の4男として生まれました。 母は正室・伊達晴宗の娘(宝寿院)です。 1590年、豊臣秀吉の小田原攻めのあとの仕置にて、佐竹氏にも従っていた下…
  • 佐竹義重

    佐竹義重 毛虫の兜をかぶった常陸の猛将

    佐竹義重(さたけ-よししげ)は、常陸の戦国大名・佐竹義昭の子として1547年に生まれました。 母は岩城重隆の娘です。幼名は徳寿丸と言いました。 父・佐竹義昭は、常陸・小田城主である小田成治の娘が産んだ子であり、小田家…
  • 戦国武将列伝Ω

    太田資武・太田景資となぞの太田資忠?

    太田資正の3男・太田資武は15歳で初陣し、手這坂の戦い、府中城攻めなどにて戦功を挙げた。 父・太田資正の死後に家督を継ぎ、安房守を名乗っている。 小田氏治が元の居城・小田城を奪回攻撃した際に、梶原景国(梶原政景)と小…
  • 多気山城

    多気山城と多気氏の関係は?

    質問回答編とは? 当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどがあるかも知れませんの…
  • 梶原政景(梶原景国)とは

    大田資正の子である梶原政景(梶原景国)も父・大田資正同様、もしくはそれ以上と評価が高い武将である。   父・太田資正と共に、梶原景国(梶原政景)は佐竹の庇護を受ける事になったが、父と独自に小田氏治とも戦をしていること…
  • 岩槻城主・太田資正と太田氏資と岩槻城訪問記~岩槻城の戦い

     太田資正(おおたすけまさ)、太田三楽、太田三楽斉、太田三楽斎、太田三楽斉道譽  1522年~1591年 岩槻城の太田氏 太田資正は名将・太田道灌の曾孫にあたり、弱小勢力ながらも知勇兼備の将として名を馳せ、戦…



ピックアップ記事

  1. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  3. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  4. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  5. 稲葉一鉄
    稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の美濃・本…
  6. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  7. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
ページ上部へ戻る