正木丹波守の解説 成田氏家臣と高源寺





正木丹波守利英 (正木利英、正木丹波守勝英、正木勝英)

正木氏は、安房国北郡正木郷から起こった在名であり、成田氏家臣の正木丹波守利英は栢間に加え、郷地と笠原を知行していたようだ。

忍城主・成田氏長の家臣。
豊臣秀吉の小田原征伐(小田原攻め)時に忍城に籠城し、忍城の南方にあった佐間口では正木利英の活躍により寄せ手を撃退した。

正木丹波守勝英は「成田下総守氏長に仕へ、天正18年忍城に楯籠りて佐間口を守り、落城の後当所に土着して卒すといへり」と新編武蔵風土記稿に記載されている。



成田氏が降伏した開城後は会津に向かった成田氏長に従わず、忍の地に留まり、戦歿者の菩提を弔うため佐間口付近に高源寺を建立。
守天和尚を招き開山した。

忍城 佐間口 高源寺

しかし、翌年6月2日に正木利英は亡くなったとされ、その後、高源寺は城主や幕府の庇護が無かったが、今日でも健在である。

下記写真は、暗くて良く分かりませんが、正木丹波守の墓。

正木丹波守 供養塔 高源寺境内

高源寺への行き方・アクセスは下記の地図ポイント地点が境内駐車場となります。

成田長親とは~のぼうの城の愉快な主人公
成田甲斐【 甲斐姫】~成田家の女傑はこちら
酒巻靱負~成田氏家臣
長束正家~豊臣家で財政を担当した算術に優れた武将
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将
大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
石田三成の忍城水攻め采配と智略
忍城~高源寺~丸墓山古墳~石田堤の訪問記(成田家探訪)

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る