タグ:徳川家康

  • 高木清秀

    高木清秀とは 水野信元に従い武勇を馳せた徳川十六神将

    高木清秀(たかぎ-きよひで)は、戦国時代の武将で1526年に三河で生まれました。 通称は高城善次郎、高木主水助。 父は高木宣光で、母は酒井正信の娘となり、弟に高木清方がいます。 三河・高木氏は三河国紺碧海郡高木から…
  • 源応尼(華陽院)

    源応尼(げんおうに) 華陽院(けよういん) 徳川家康の祖母

    華陽院(けよういん)は、「於富の方」あるいは「於満の方」、源応尼(げんおうに)とも言う1492年生まれの戦国時代の女性です。 出自は下記の通り、諸説あります。 江州佐々木氏流である尾張の青木加賀守弌宗の娘 尾張…
  • 徳川義直

    徳川義直とは 初代の尾張藩主・名古屋城主

    徳川義直(とくがわ-よしなお)は、江戸時代の武将で、尾張藩の初代藩主です。 父は、徳川家康で9男として1601年に大坂城にて生まれました。幼名は五郎太丸です 母は、側室である京都正法寺・志水宗清の娘・お亀の方(相応院…
  • 損し続けて最後に天下をとった

    損し続けて最後に天下をとった【徳川家康】

     戦国期最後の勝利者となり、約260年という長きに渡る武家政権(江戸幕府)を築いた徳川家康(1542~1616)が、日本最大の平野部(つまり発展有望な地)を有し、鎌倉期以来、精強な兵馬が産出される関東地方に拠り、関ヶ原合…
  • 水野信元

    水野信元 24万石を有した三河の戦国大名

    水野信元(みずの-のぶもと)は、三河・緒川城主である水野忠政の次男として戦国時代に生まれました。 母は松平信貞の娘(松平昌安の娘)で、兄に水野近守がいます。 また、1528年に生まれている異母妹・於大の方がおり、15…
  • 江戸の開発

    江戸の開発には都市モデルがあった 徳川家康の城下町整備

    日本の首都にして、世界有数の大都市である東京。近年では2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの舞台として、(最近はマラソン開催地問題でも揺れていましたが)、都市再開発によって更に進化してゆくことで、世界中…
  • 夏目吉信

    夏目吉信 徳川家康の命を救った忠臣

    若き頃の徳川家康を苦しめた戦「三方ヶ原の戦い」と夏目吉信・・・。 この戦いで家康は武田信玄に完膚なきまで攻められ、死を覚悟したほどと言われています。 それでも家康は家臣たちが命を懸けてまで逃がしてくれたおかげで、撤退…
  • 本多忠勝

    本多忠勝 猛将伝 徳川四天王

    「戦国最強は誰か」戦国時代好きが四人、五人と集まれば、必ずと言っても良いほどこの話題が持ち上がるのではないだろうか。 数多いる強者の中で、著者には強く推したい人物が一人居る。 徳川家康に仕え、生涯57回戦場に赴き、か…
  • 結城秀康

    結城秀康 なぜ2代将軍になれなかった?

    徳川家康の次男・結城秀康(ゆうき-ひでやす)は関ケ原の戦いの時、西軍上杉景勝の関東進出や味方の東軍ではあっても信用をしきれない伊達政宗や最上義光を牽制する等大役を担いました。 関ケ原の主戦場ばかりに目がいく東軍西軍の一…
  • 徳川秀忠

    歴戦の戦士を法で破った徳川秀忠

    武家諸法度といえば、大坂の役の後徳川家康が徳川秀忠の命令という形式で発布した、諸大名統制のための全13ヶ条の法律。 この法律が、戦国時代の終わりを示すような事態を起こします。 今回は、武家諸法度の示した新時代の一つを…



ピックアップ記事

  1. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  6. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  7. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る