タグ:真田十勇士

  • 相木森之助・相木盛之助・相木幸雄・依田信房~豪勇で知られた武将

    相木森之助(あいきもりのすけ、相木盛之助、相木幸雄)は、武田家の一族・加賀光経(加賀美四郎)の家臣。 加賀美四郎の腹心であったとされるため、筆頭家老と推定でき、真田三代記では勇者として登場する。 加賀美家は、武田…
  • 由利鎌之介 鎖鎌の名人~(真田十勇士)

     由利鎌之介(ゆりかまのすけ)は、真田三代記や大坂夏陣図にも、由利鎌之介の名で登場する実在の人物。  真田十勇士の由利鎌之介は「史実の由利鎌之介を元にしている」という説と、「創作された架空の人物」という説があるが、…
  • 猿飛佐助~変幻自在の忍者(真田十勇士)

    信濃・鳥居峠の麓に住む鷲尾佐太夫という郷士の息子が猿飛佐助で、本名は井辺武助と言う設定。 戸隠の山の中で「猿」と遊んでいたところ、仙人・戸澤白雲斎(戸沢白雲斎)に見出されて弟子となり、薪水の労をとって忍術を修学した…
  • 穴山小助 (穴山小介)~槍の名手(真田十勇士)

     穴山小助(あなやまこすけ)は、穴山信光の長男。1568年生まれ。  実在した武田家親族衆の穴山梅雪(穴山信君)の甥とする設定。  真田十勇士の物語では、3歳で母と死別し、武田家滅亡後、穴山小助は父・穴山信光と共…
  • 真田昌幸の家族と家臣である忍者

    真田昌幸の家臣である忍者 真田氏は忍者を多く採用していたと言われている。そんな真田忍者を紹介。 禰津信政(ねづ のぶまさ) 通称は神平(しんぺい)と言い、真田幸隆・真田昌幸に仕えた忍者集団の頭領。元は鷹…



ピックアップ記事

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  4. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  6. 築山殿(瀬名)とは 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関…
  7. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
ページ上部へ戻る