由利鎌之介 鎖鎌の名人~(真田十勇士)





 由利鎌之介(ゆりかまのすけ)は、真田三代記や大坂夏陣図にも、由利鎌之介の名で登場する実在の人物。

 真田十勇士の由利鎌之介は「史実の由利鎌之介を元にしている」という説と、「創作された架空の人物」という説があるが、鎖鎌の名手であり、槍の達人とされている。

 由利鎌之介は、1573年?に生まれたとされ、名は基幸(由利基幸)とも伝わる。
 真田十勇士の創作物では女性として登場する事もある。

 「真田三代記」によると、初め三河の野田城主・菅沼新八郎の家来であった。
 羽柴秀吉(豊臣秀吉)が柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いで、羽柴秀吉方に味方するため、真田勢が出陣した。



 その時に由利鎌之介は、真田昌幸真田幸村親子を繰り返し狙い悩ませたと言う。
 やがて、穴山小助と一騎打ちとなると負けて捕まり、真田幸村に許されるとその人柄に感服し家臣に加わったと言う。

 以後は、真田親子の配下として上田籠城戦などで数々の功績を挙げたが、真田幸村が九度山へ流されてからは、江戸で槍の道場を開きながら徳川家康の動きを探ったとされ「大坂の陣以前に死んでいた」とも言われ、また「大坂の陣で討ち死にした」とも伝わる。

 yurikama

 上記写真は、上田城などで素晴らしい演舞を披露されている、信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十勇士 の 由利鎌之介さま

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る