由利鎌之介 鎖鎌の名人~(真田十勇士)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 由利鎌之介(ゆりかまのすけ)は、真田三代記や大坂夏陣図にも、由利鎌之介の名で登場する実在の人物。

 真田十勇士の由利鎌之介は「史実の由利鎌之介を元にしている」という説と、「創作された架空の人物」という説があるが、鎖鎌の名手であり、槍の達人とされている。

 由利鎌之介は、1573年?に生まれたとされ、名は基幸(由利基幸)とも伝わる。
 真田十勇士の創作物では女性として登場する事もある。

 「真田三代記」によると、初め三河の野田城主・菅沼新八郎の家来であった。
 羽柴秀吉(豊臣秀吉)が柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いで、羽柴秀吉方に味方するため、真田勢が出陣した。

 スポンサーリンク


 その時に由利鎌之介は、真田昌幸真田幸村親子を繰り返し狙い悩ませたと言う。
 やがて、穴山小助と一騎打ちとなると負けて捕まり、真田幸村に許されるとその人柄に感服し家臣に加わったと言う。

 以後は、真田親子の配下として上田籠城戦などで数々の功績を挙げたが、真田幸村が九度山へ流されてからは、江戸で槍の道場を開きながら徳川家康の動きを探ったとされ「大坂の陣以前に死んでいた」とも言われ、また「大坂の陣で討ち死にした」とも伝わる。

 yurikama

 上記写真は、上田城などで素晴らしい演舞を披露されている、信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十勇士 の 由利鎌之介さま

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  5. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。海を活用…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る