真田昌幸の家族と家臣である忍者



真田昌幸の家臣である忍者

真田氏は忍者を多く採用していたと言われている。そんな真田忍者を紹介。

禰津信政(ねづ のぶまさ)

通称は神平(しんぺい)と言い、真田幸隆・真田昌幸に仕えた忍者集団の頭領。元は鷹匠の家だった禰津家は甲陽流忍術の家元として知られ、後に女忍者集団「禰津流くの一」を輩出。

出浦盛清(いでうら もちきよ)

出浦盛清(いでうらもちきよ)は、こちらのページに詳細を掲載

横谷幸重(よこや ゆきしげ)

横谷幸重は、こちらのページに詳しく掲載しています

割田重勝(わりた しげかつ)

吾妻横尾村の割田与兵衛の子で割田下総守。武田時代の沼田城攻めでは小荷駄奉行としても名が見られ、「吾妻七騎」の1人にも数えられる。忍びの達人と言われ、北条氏が真田昌幸の沼田城に攻め寄せたとき、敵将・松田憲秀から名馬を奪った話などが残されている。大坂の役のあと、盗みを働いたため真田信之の家臣・出浦盛清の手により討たれたという。



唐沢玄蕃(からさわ げんば)

信濃・沢渡の地侍で、武田時代の沼田城攻めでは使番として名が見られる。武田滅亡後はは真田昌幸・真田信之に仕えたとされる伊那忍者。割田新兵衛とともに信濃・尻高城に忍び込み、焼き討ちに成功。長篠合戦にもその名が見えるが、危地をくぐり抜け無事帰国している。

鷲塚佐太夫(わしづか さだゆう) 

真田昌幸配下の真田忍者として名が見られる。鷲塚佐太夫の子が、猿飛佐助だという説もある。

真田昌幸の家族

正室:山之手殿(寒松院) 出自は宇多頼忠の娘という説が最も有力
側室:不詳(複数?)
長男:真田信幸(真田信之)、次男:真田信繁(通称は真田幸村)、三男:真田昌親、四男:真田信勝
長女:村松殿(小山田茂誠の妻)、次女:名前不詳、三女:名前不詳、四女:名前不詳、五女:名前不詳、六女:清光院、七女:楽

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 02日


気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  5. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る