真田昌親~九度山に生活費を届けた真田昌幸の4男


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田昌親(さなだまさちか)は、1583年に生まれた真田昌幸の4男(3男とも?)。通称は内匠。
 母に関しては某氏としかなく詳細は不明。まぁ、真田昌幸の側室の子と言う事であろう。

 元服すると信濃内村郷平井村に住んだようで、1600年、関ヶ原の戦いの際には、兄・真田信之に従って、徳川家康に味方した。

 この時には真田昌親の逸話がある。

 石田三成からの密書を、真田昌幸が下野の「犬伏」で受け取った時だ。
 
 この時、真田昌親は父・真田昌幸や兄らと別行動を取っていたのか、犬伏での密議の際に不在だったようで、石田三成に味方すると決めた真田昌幸は「置手紙」を置いて真田幸村(真田信繁)と陣を引き払い、徳川家に味方すると別れた真田信幸(真田信之)は徳川家康・徳川秀忠のもとに急いだ。
 そして、ようやく置手紙を読んだ真田昌親も、兄・真田信之の陣に向かったが、既に徳川家康のもとへ向かっていたため「自分も家康殿の陣に行こう」と向かったと言う。

 スポンサーリンク


 そんな最中に、行き違いで徳川家康からの使者が真田昌親の陣に到着した。
 家康に報告した真田信之から事の次第を聞き、真田昌親の動向を確認する為にやってきたのだ。
 しかし、真田昌親は不在であり残っていた家臣も、どこに行ったのか、わからない様子であった為「こやつも裏切ったな」と、使者は急ぎ家康の本陣に戻って報告した。

 そのあとに、遅れて真田昌親が家康の本陣に出頭して来る。
 石田三成に味方したと報告を受けていた徳川家の家臣らは「どういうつもりだ」と怪しんで疑ったが、兄・真田信之と同じように、父・真田昌幸と真田幸村が裏切ったと報告したため、参陣を許されて、兄・真田信之に従うようにとの命を受けたとされる。

 この真田昌親と言う武将は、真田昌幸と真田幸村が九度山に蟄居すると、松代城から生活費を届けにも出向いている。

 真田信繁(真田幸村)が大坂夏の陣で討死したあとも、兄・真田信之のもとで真田家を守った。

 1632年に死去。享年49。

 下記写真は、犬伏の別れの地とされる佐野の新町薬師堂。

新町薬師堂

 真田昌親の嫡男・真田蔵人と、次男・真田多聞は、死去したあとは共に善光寺に葬られたと言われている。

 3男の真田信親は、松代3代藩主・真田幸道から内分分知されて2000石となると、徳川幕府の旗本となった。

 その後、真田信親には後継者がおらず、従兄弟・真田信政の長男・真田信就の七男(真田信弘)を養子に迎えましたが、この真田信弘が松代藩の家督を継ぐことになったため、領地は松代藩に返還され、家系は断絶したと言う。

真田信勝~(真田昌幸の3男)~幕府旗本になるも逐電した?
真田幸村とは
犬伏の別れ~真田家の生き残りをかけた決別の地「犬伏」と「小山評定跡」訪問記・駐車場情報
真田家墓所がある松代「長国寺」のみどころ~真田信之の霊屋など
松代城(海津城)の歴史~抑えておきたい真田家の松代観光スポット情報まとめ

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  1. 記事を読ませていただきました。そうだったんですね、昌親は九度山に生活費を届けに行っていたのですか。敵味方に分かれてしまっても、血縁の情はそうそう切れるわけではないですもんね。ところで、先日、友人とともに真田祭りに行ってまいりました。なんと、幸村の子孫という方がこられていました。とても穏やかな感じの、素敵な方でした。会場では、九度山の柿も販売されていました。美味でした!!!

    • 高田哲也
    • 2015年 2月 24日

    キミさん、ご投稿賜りまして、誠にありがとうございます。
    九度山の真田祭り、いや~、うらやましいですね。是非、私も行きたいところですが、なかなか、遠くて・・。
    また、色々とコメントを頂けるとうれしく存じます。
    この度は、ありがとうございました。

    • 藤上
    • 2016年 1月 28日

    小生 藤上と申します。
    貴殿のサイト 実に素晴らしい。解説も当を得ていて 画像も豊富、感心しています。
    そこで 質問ですが、幸村の子 大八は、蓮華定院の報告書では 幼くして 亡くなったと、諸書にありますが、
    その九度山の真田一族の墓には、大八の文字を刻んだ石もあるのでしょうか。
    「五月五日、京都に於いて 印地打ち成され、御死去候」と。(人物往来社、長野県史編纂委員 島村計一郎 著)
    以上、お忙しい所 誠に恐縮ですが回答願います。

    • 高田哲也
    • 2016年 1月 28日

    藤上さま、この度はコメントを賜りまして、誠にありがとうございます。
    真田大八は、表向きには京都に逃れていた時に、祭りで石が当たって死んだことになっています。
    ただ、これは仙台藩が発表した内容でして、実際には片倉家で養育されていたと言う説が有力です。
    そのため、高野山の蓮華定院では、害が及ばないようにとしたのか、京都で亡くなったことになっているのだと思います。
    そして、真田大八の墓は、東北の白石にあります。
    http://sanadada.com/1482/
    九度山の真田庵(善名称院)にある真田一族の墓は、真田昌幸、真田幸村、真田大助の3名となりますので、生き残った真田大八の墓までは築かれなかったのではと存じます。
    以上、ご回答申し上げます。

  1. 2015年 2月 24日
    トラックバック:真田昌親 (真田昌幸の4男)

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…

人気の戦国武将

  1. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  4. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る