タグ:大内家

  • 大内義弘

    大内義弘の解説~応永の乱に散った大内氏の礎

    大内義弘とは 大内義弘(おおうち よしひろ)は大内弘世の嫡子で、室町から戦国期に大勢力を誇った大内氏の礎を築いた人物です。 通説では、大内氏の本拠地周防の山口は大内義弘の父大内弘世によって開府したといわれてい…
  • 大内輝弘

    大内輝弘の解説~露に消えた大内家再興の灯「大内輝弘の乱」

    大内輝弘とは 大内輝弘(おおうち-てるひろ)は、周防国・長門国の戦国大名である大内氏の一族・大内高弘の息子として生まれます。 父・大内高広は周防の大内政弘の息子で大内義興の兄弟です。 しかし明応8年(1499年…
  • 大内政弘

    大内政弘の解説~天下に名を馳せた西軍の重鎮

    大内政弘とは 大内政弘(おおうち まさひろ)は、室町時代の文安3年(1446年)、大内氏第13代当主・大内教弘の嫡子として生まれます。 幼名は亀童丸 太郎といい、母は山名熙貴の娘で山名宗全の養女でした。 大内政…
  • 陶晴賢の首塚

    陶晴賢の解説 西国無双の侍大将

    陶晴賢(すえ-はるたか)は、戦国時代の大永元年(1521年)周防の大内氏重臣陶興房の次男として生まれます。 陶氏は主家大内氏の庶流であり、興房は周防国守護代として大内義興・大内義隆親子に仕え尼子氏や小弐氏との戦いで勝利…
  • 大内義長

    大内義長の解説 傀儡と言われつつも潔く散った悲運の将

    大内義長(おおうち-よしなが)は、豊後の大内義鑑の次男として戦国時代に生まれます。 母は大内義隆の姉で幼名は塩乙丸、通称は八郎。 兄には大友宗麟、弟には塩市丸がいます。 戦国期、大友氏と大内氏は北九州を巡り対立…
  • 大内義隆

    大内義隆の解説 末世の道者

    大内義隆(おおうち-よしたか)は永正4年(1507年)11月15日大内義興の嫡男として生まれます。 幼名は亀童丸といい母は大内家家臣内藤弘矩の娘でした。 大内義隆は少年時代に周防介の略称で「介殿様」と呼ばれており、こ…
  • 大内義興

    大内義興の解説 武勇仁徳兼備して天命を受けた良将

    大内義興(おおうち-よしおき)は、戦国時代頃の文明9年(1477年)2月15日、応仁の乱に参加していた大内政弘の次男として京都で生まれます。 幼名は亀童丸といい、兄弟には大内高弘がいます。 しかしその兄弟関係や人数は…
  • 安岐城

    田原親宏 田原親貫 戦国武将解説

    田原親宏(たわら-ちかひろ)は戦国時代の武将で、田原親述と、佐伯惟勝の娘の間に生まれました。 田原家は大友家の庶家でも、最も有力な大友一族です。 そのため、大友義鑑・大友宗麟(大友義鎮)からは警戒され豊後を追放され、…



ピックアップ記事

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  6. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  7.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
ページ上部へ戻る