カテゴリー:鎌倉・室町

  • 戦国武将列伝Ω

    謎の謎の小山有高・小山経隆 鎌倉武士

    現在の相模原市と町田市にまたがる小山に館を構えたと考えられる横山党?「小山氏」については不確定要素が多く、良くわかっていません。このページではそんな小山氏の諸説を検証します。 栃木の小山氏とは全く別の系統の話ですので、…
  • 枡形城(桝形山城)~稲毛有重の稲毛荘

    枡形城(ますがたじょう)  小山田有重(母は宇都宮宗綱(八田宗綱)の娘)の子・小山田重成が、源頼朝の正室・北条政子の妹を妻に迎え、多摩丘陵にあった広大な稲毛荘を所領とし、1195年頃、枡形山に枡形城を築城。  そ…
  • 三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏

    宝治合戦以後、三浦氏は鎌倉の一御家人としての地位でしかなかったが、南北朝時代になると三浦氏は扇谷上杉勢として活躍する。 三浦時高の代には大森氏・曾我氏らとともに扇谷上杉氏の重臣に取り立てられ、三浦郡だけでなく鎌倉郡へと…
  • 仁右衛門島~房総の歴史ある名勝の小島

     房総半島の鴨川市にある太平洋に面した周囲約4kmの小島であるが、千葉県最大の島で歴史がある。現在は観光地となっているが、付近に大型バスは入れないので、そんなに混雑するような事はなく、のんびりと見学するこどできる。



ピックアップ記事

  1. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  2. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  3. 築山殿(瀬名)とは 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関…
  4. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  5. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  6. 愛姫とは 戦国時代の1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬…
  7. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
ページ上部へ戻る