タグ:千利休

  • 松井康之は丹波水軍の優れた大将だった~細川家の重臣

    松井康之(まつい-やすゆき)は、京都郊外の松井城主である松井正之(松井山城守正之)の次男として、1550年11月1日に生まれました。 母は荒川澄宣(荒川治部大輔澄宣)の娘です。 松井氏は松井宗次が足利尊氏に仕えてから…
  • 戦国武将列伝Ω

    千宗恩~千利休を支えた妻

     千利休の後妻・宗恩(そうおん)は生年不詳。  名は「おりき」で、元は能役者・宮王三入(観世流の小鼓の名手)の妻。ただし、近年は松永久秀の妻であったとする説もある。  千利休は、この宮王三入から能を習い、親しくしてい…
  • 宝心妙樹と千利休の嫡男・千道安

     千利休の先妻・宝心妙樹(ほうしんみょうじゅ)は生年・本名不詳。  名はお稲で、飯盛山城主・三好長慶の妹とされる。  1542年頃に、千利休へ嫁ぎ、長男・千道安、長女、次女、3女、4女を設けている。  しかし、…



ピックアップ記事

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  6. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  7. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
ページ上部へ戻る