宝心妙樹と千利休の嫡男・千道安


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 千利休の先妻・宝心妙樹(ほうしんみょうじゅ)は生年・本名不詳。
 名はお稲で、飯盛山城主・三好長慶の妹とされる。

 1542年頃に、千利休へ嫁ぎ、長男・千道安、長女、次女、3女、4女を設けている。
 しかし、夫婦仲は円満ではなかったと伝わる。
 1577年7月16日に死去。

 スポンサーリンク


 長男・千道安は「剛・動の茶」と呼ばれたほど自我が強烈で他人に耳を貸さず、偏屈な人柄もあって恵まれた人生ではなかった。
 千利休とは折り合いが悪く、若い頃に家を出たが、のちに千利休と和解。
 1587年の有名な北野大茶会では、千利休の次に千道安の名が見られ、千利休としても嫡男である千道安を後継者として考えていたようである。

 千利休切腹後は蟄居・謹慎を命じられ、金森長近に預けられたとされるが、1594年に許されると堺に戻り、堺千家を再考した。
 1601年には細川忠興に招かれて茶頭となり、豊前水崎に300石を拝領。
 1607年に死去すると堺千家は断絶した。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。(…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る