宝心妙樹と千利休の嫡男・千道安





 千利休の先妻・宝心妙樹(ほうしんみょうじゅ)は生年・本名不詳。
 名はお稲で、飯盛山城主・三好長慶の妹とされる。

 1542年頃に、千利休へ嫁ぎ、長男・千道安、長女、次女、3女、4女を設けている。
 しかし、夫婦仲は円満ではなかったと伝わる。
 1577年7月16日に死去。



 長男・千道安は「剛・動の茶」と呼ばれたほど自我が強烈で他人に耳を貸さず、偏屈な人柄もあって恵まれた人生ではなかった。
 千利休とは折り合いが悪く、若い頃に家を出たが、のちに千利休と和解。
 1587年の有名な北野大茶会では、千利休の次に千道安の名が見られ、千利休としても嫡男である千道安を後継者として考えていたようである。

 千利休切腹後は蟄居・謹慎を命じられ、金森長近に預けられたとされるが、1594年に許されると堺に戻り、堺千家を再考した。
 1601年には細川忠興に招かれて茶頭となり、豊前水崎に300石を拝領。
 1607年に死去すると堺千家は断絶した。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して史跡や城跡も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







Twitter でフォロー

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る