深見神社(神奈川県大和市)1500年の歴史を誇る信仰


スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川県にある古い神社の1つである、大和・深見神社(ふかみじんじゃ)をご紹介致します。
深見神社の縁起によると下記の通りになっています。

東国の平定を目的とする武甕槌神(タケミカヅチ)が、舟師を率いて常陸鹿島より深海に進軍した際、伊弉諾神(イザナギ)の御子である倉稲魂神(ウカノミタマ)と闇龗神(クラオカミ)によりこの地が治められた。そして、雨神である闇龗神はこの地に美田を拓き土民による郷を開いた。

 スポンサーリンク


神奈川県大和市深見に鎮座する「深見神社」は総国風土記によると、478年3月に祀る所、闇龗神なりとあり、かなり古くから信仰を集めた神社であることが分かります。
927年の延喜式神名帳では、相模国の延喜式内社13社の内の1社(小社)とされています。
渋谷荘の鎌倉武士・渋谷重国(渋谷庄司重国)、源頼朝太田道灌、小田原北条家、武田信玄と名だたる武将からも信仰を集めていました。

深見神社

江戸時代には、旧武田の遺臣で徳川家の旗本となり、徳川秀忠に仕えて大番となっていた坂本重安(坂本小左衛門重安)が370石で深見領を賜り、この深見神社にて武運長久を願い、大阪夏の陣にて首2級を取ったと言います。
この坂本家が、武運長久の神である武甕槌神(タケミカヅチ)を江戸時代に常陸・鹿島神宮からり勧請したようで、江戸時代の「新編相模国風土記稿」では「鹿島社」と記されました。

しかし、残念な事に明治9年(1876年)に、隣接する仏導寺の火災によって、深見神社の社殿から古文書に至るまで焼失し、荒廃しました。

現在の社殿は昭和16年(1941年)に再建されたもので、深見神社と呼ばれるようになりました。

行き方・アクセス

無料の駐車場は下記の地図ポイント地点が入口となります。
ただし、手前の道は「一方通行」となっていますので、現地の「深見神社はこっち」の案内を見てお進みください。
お正月の初詣は結構賑わいますが、無料駐車場は使えない場合がありますので、ご注意を。
大和駅からは歩いて15分くらいのところです。

鹿島神宮のパワースポットは強力~初詣の駐車場攻略情報なども
城・神社カテゴリを見てみる
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  4. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  5. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る