京都 伏見稲荷大社~外国人にも人気の千本鳥居と「おもかる石」

千本鳥居




 京都の伏見稲荷大社は、京都でも上位にランキングされる人気の観光スポットで、多くの外国人も訪れます。創建は710年前後で、全国に約3万社あると言う稲荷神社の総本社です。

 伏見稲荷大社

 拝観料不要で閉門時間はありませんので、訪れやすいです。ただし、夜間は当然ライトが必要です。

 

 千本鳥居は大変人気のスポットです。鳥居を奉納する習わしは江戸時代に始まりました。

 千本鳥居

 伏見稲荷大社 奥宮



 上記写真の「奥宮」の右奥には「おもかる石」があります。

 omokaru

 奥社奉拝所の右奥の「おもかる石」は、試し石で、実際に持ち上げる事ができます。
 願いを念じて持ち上げた時、重さが予想していたより軽ければ願いが叶い、重ければその願いは叶わないと言われています。

 今回の京都は「京都旅行」にてご紹介致しております。

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る