ゴルフの歴史・ゴルフの起源 (番外編)

戦国武将列伝Ω





 ゴルフゲームの起源はどのようなものなのだろうか? 

 イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランド以外にもオランダ、フランス、イタリア、中国など 様々あるが 定説は存在しないようだ。

 北欧の打った球を柱に当てるスポーツ=コルクが、スコットランドに伝わって発展したとする説。
 近年、オランダからスコットランドへのゴルフボール輸出書類が発見され、オランダの「フットコルフェン」から来ているとする説。
 中国の元の時代の書物「丸経」(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。
 
 様々な説があるが、ゴルフをしていような様子を描いた古い絵画が ヨーロッパの各地に存在もしている

 恐らくは紀元前からスポーツと言うよりは、単なるその場の遊びとして存在していたのだろう。
 初期のゴルフでは現在のような整備されたコースではなく、モグラの穴など、自然にできた穴を利用して、球を入れる遊びを楽しんでいたと容易に推測できる。



 しかし、現在のゴルフ試合に近い形態は オランダが発祥地とされ それがスコットランドに渡って、人気を博したようだ。
 1300年当時のオランダで行われていた記録では、各ホールの距離が 1000ヤードもある 4ホールのコースで プレーをしていたとある。
 羽毛を中に詰めた皮製のボールを打っていたようで、そのゲームが spel metten kolve (または kolven) と呼ばれており、その後、kolf と呼ばれるように変移した。
 そして、渡ったスコットランドにて golfe/golf と呼ばれるようになったと言う。

 1452年にスコットランドで ゴルフボール 10個が 10シリングで売られていたという記録が残されている。
 また、1457年に スコットランド政府が国民に「ゴルフ禁止令」を出したものの、国民はそれを無視してゲームに興じたという話は有名だ。

 1860年、第1回全英オープンが開催されたコースは12ホールしかなくで、3日間、合計36ホールで争っている。
 昔のゴルフコースは距離、大きさ、ホールの数などがまちまちだったが、ホール数が少なく、距離の短いものが多かったようだ。
 
 日本にゴルフコースが出来たのは1901年で、神戸の六甲に 4ホールのコースが オープンして、それが 1903年には 9ホールに拡大された。
 また、日本初のゴルフクラブ 「神戸ゴルフ倶楽部」 が結成されている。

 

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2. 淀殿(淀の方・茶々) 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る