ゴルフの歴史・ゴルフの起源 (番外編)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 ゴルフゲームの起源はどのようなものなのだろうか? 

 イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランド以外にもオランダ、フランス、イタリア、中国など 様々あるが 定説は存在しないようだ。

 北欧の打った球を柱に当てるスポーツ=コルクが、スコットランドに伝わって発展したとする説。
 近年、オランダからスコットランドへのゴルフボール輸出書類が発見され、オランダの「フットコルフェン」から来ているとする説。
 中国の元の時代の書物「丸経」(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。
 
 様々な説があるが、ゴルフをしていような様子を描いた古い絵画が ヨーロッパの各地に存在もしている

 恐らくは紀元前からスポーツと言うよりは、単なるその場の遊びとして存在していたのだろう。
 初期のゴルフでは現在のような整備されたコースではなく、モグラの穴など、自然にできた穴を利用して、球を入れる遊びを楽しんでいたと容易に推測できる。

 スポンサーリンク


 しかし、現在のゴルフ試合に近い形態は オランダが発祥地とされ それがスコットランドに渡って、人気を博したようだ。
 1300年当時のオランダで行われていた記録では、各ホールの距離が 1000ヤードもある 4ホールのコースで プレーをしていたとある。
 羽毛を中に詰めた皮製のボールを打っていたようで、そのゲームが spel metten kolve (または kolven) と呼ばれており、その後、kolf と呼ばれるように変移した。
 そして、渡ったスコットランドにて golfe/golf と呼ばれるようになったと言う。

 1452年にスコットランドで ゴルフボール 10個が 10シリングで売られていたという記録が残されている。
 また、1457年に スコットランド政府が国民に「ゴルフ禁止令」を出したものの、国民はそれを無視してゲームに興じたという話は有名だ。

 1860年、第1回全英オープンが開催されたコースは12ホールしかなくで、3日間、合計36ホールで争っている。
 昔のゴルフコースは距離、大きさ、ホールの数などがまちまちだったが、ホール数が少なく、距離の短いものが多かったようだ。
 
 日本にゴルフコースが出来たのは1901年で、神戸の六甲に 4ホールのコースが オープンして、それが 1903年には 9ホールに拡大された。
 また、日本初のゴルフクラブ 「神戸ゴルフ倶楽部」 が結成されている。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る