前野長康の解説(前野将右衛門) 川賊から取り立てられ秀吉を支えた豊臣家臣団・最古参の武将

前野長康




前野長康(まえの-ながやす)は、戦国時代の武将で、蜂須賀小六、生駒親正
と並ぶ秀吉の信頼の厚い最古参の武将です。

秀吉がまだ織田家で頭角を現す前から行動を共にし、
その栄達と一緒に出世。有名な合戦にはほぼ参加し、
秀吉が天下を取ってから、前野将右衛門は大名となります。
さらには、次期天下人に指名された豊臣秀次(秀吉の甥)の
家老に就任します。


しかし、順風満帆のように見えた長康の人生は、
豊臣秀頼が生まれたことで一変。実子に後を継がせたくなった
秀吉は秀次に謀叛の嫌疑をかけます。
これを弁護したことにより、前野長康と前野景定の父子は切腹をすることになります。

順調な人生と、暗い印象の晩年。
明暗がはっきり分かれている前野長康のご紹介です。

川並衆・前野家

前野将右衛門長康は、父:宗康の次男として1528年に尾張で生まれます。
通称は、将右衛門。坪内家の女婿となったとされ「坪内光景」
というもう一つの名前もあります。

前野家は、良峰朝臣(桓武天皇の子:良峰安世の子孫)
の末裔が尾張国丹羽郡前野村に移り住んで前野を称した
ことが始まりと言われています。


蜂須賀家や稲田家とともに「川並衆」と呼ばれた前野家は、
尾張と美濃の境を流れる木曽川沿岸に徒党を組んで勢力を
張っていました。
普段は水路で荷を運ぶ水運業を営んでいますが、
戦がはじまれば武器を持って形勢のよい方に味方をして
戦場稼ぎをします。
いわゆる、水運業者 兼 傭兵を家業としていました。

織田家・木下秀吉との関わり

織田家、とりわけ当時の木下秀吉との関係は、
『武功夜話』にある墨俣一夜城のタイミング(1564年)
からという認識が一般的です。しかしそれ以前から前野家は、
川並衆として織田家に所属し働くことがあったようです。

1558年、織田信長の尾張統一戦の過程で、織田伊勢守との
合戦が行われます。この戦に参加した前野宗康・長康父子は
信長から所領を与えられています。
1560年の桶狭間合戦には、蜂須賀正勝、前野長康らが
諜報戦に活躍しています。


しかしまだこの時点では、川並衆・前野家と織田家の関係は
曖昧なものでした。川並衆が織田家の家臣として組み込まれ
ていくのは、1564年の織田家の東美濃調略を秀吉が
担当するようになってからです。

秀吉は、川並衆に対して信長に従属することを説き、
東美濃調略への協力を依頼します。
川並衆を代表する蜂須賀家、前野家が協力を承諾すると、
諸家も織田家への協力を承諾。

ここから織田家家臣・木下藤吉郎の与力として
前野長康(前野将右衛門)が躍動していきます。

長康の功績

秀吉の与力となってからは、織田家拡張の過程でおきた
戦の多くに参加し秀吉を支えました。
金ヶ崎の退却戦では、殿軍の秀吉隊で蜂須賀小六、生駒親正等
とともに奮戦し、信長の京都帰還に貢献しています。
また、長康は秀吉の弟である秀長と行動することが
多かったようです。
但馬国攻略においては、秀長の副将格として活躍しています。

本能寺の変の後、秀吉が天下を治める過程で
起きた重要な合戦にもほとんど参加しています。

・1583年 賤ケ岳の合戦(対柴田勝家
・1584年 小牧・長久手の合戦(対織田信雄・徳川家康)
・1585年 四国征伐(対長曾我部元親)

これらの戦の功績により、
播磨・三木城主から但馬・出石(有子山城)にて5万3,000石の大名となります。


また、同時期より内政へ関与することも多くなりました。
秀吉が政権を握ると、弟の秀長が政務を補佐する役に就きます。
以前より親交が深く信頼のできる長康を、秀長が頼ったのであろうこと
が想像できます。

1588年、後陽成天皇行幸の際には、聚楽第造営の奉行・
その饗応役を務めるという栄誉を得ました。

1590年、小田原の陣(対北条氏直)へ参加、1592年の文禄の役には
軍監として参加。功が認められ、11万石に加増されています。
同時に但馬の生野銀山の経営も任されていたと言われています。

このように秀吉・秀長から信頼された長康は、
文武両面から秀吉を支え、自身も大きく出世します。

関白:秀次の家老へ栄転 ~ 自害

朝鮮出兵(文禄の役)から帰還すると、長康は秀吉の
甥・秀次の家老に任命されます。後継ぎのいなかった秀吉は、
秀次を後継者とし関白職を譲っています。
次世代の天下人の補佐役に任命され、順風満帆のように思われた
長康の晩年でしたが、状況は一変します。

この翌年に、豊臣秀吉に実子:豊臣秀頼が誕生します。
一度は豊臣秀次を後継者としましたが、秀吉は秀頼に天下を
譲りたいために秀次の排除を画策します。
長康は、秀吉と秀次の間に入り関係を修復させようとしますが
うまくいきません。最終的に秀次は、謀叛の嫌疑をかけられてしまいます。
長康はこれを弁護し、最後まで秀次を庇い続けました。
しかしこれが秀吉の逆鱗に触れ
嫡男である前野景定ともども自害を言い渡されてしまいます。


最古参の忠臣・前野長康、68年の生涯でした。

(寄稿)渡辺綱

豊臣秀吉の解説 農民の木下藤吉郎
蜂須賀小六(蜂須賀正勝)の解説 豊臣秀吉の腹心
有子山城 山名氏の本拠地となる山名氏城跡
豊臣秀次~豊臣一族としての役目を果たすも最後は静粛された

共通カウンター

渡辺綱

投稿者プロフィール

日本史を中心として、東アジア史全般(中国、朝鮮、満州)に興味あり。 
好きな作家:司馬遼太郎、黒岩重吾、陳舜臣、海音寺潮五郎、今東光、
      吉川英治、山岡荘八、宮城谷昌光

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る