出雲阿国~京にて人気となったかぶき踊り「歌舞伎の創始者」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

出雲阿国(いずもの-おくに)の出生は諸説あるが、出雲・杵築中村に住む鍛冶職人・中村三右衛門の娘で、1572年にうまれたとされている。
出雲大社の巫女となると、出雲大社勧進のため諸国を巡回するようになる。

その際に「ややこ踊り」と呼ばれる勧進歌舞伎を演じて、出雲大社への寄付を募った。

出雲阿国が京都で最初に興行したのは、北野天満宮だとされ、のちに五条河原や四条河原にて公演していたようだ。
その踊りが大変評判となりやがて「かぶき踊り」と賞賛されるようになる。

 スポンサーリンク


年代などが分かっている部分では「クニ」と「菊」と呼ばれる女性が1600年にヤヤコ踊りを、その後、この「クニ」が1603年に「かぶき踊り」を踊ったと見受けられる。
11歳位の幼子2人が、奈良の春日大社で「ヤヤコ踊り」を舞ったと言う記録もある。

そもそも「神に捧げる」ための踊りだったものを、出雲阿国は「庶民を楽しませる踊り」へと発展させていったものと推測でき、歌舞伎の創始者ともされる。
槍の名人でも有名な名古屋山三郎が演出を手掛けたとも言われている。

京都で人気を得ると、伏見城にも招かれて演じたとあるが、1607年に江戸城にて勧進歌舞伎を上演した後、出雲阿国の行方はわかっていない。
没年は、1613年とも1644年ともあり、晩年は良く分かっていないので、まぁ、名古屋山三郎の愛人として過ごしたなど、このような女性だけに様々な説がある。
なお、京都大徳寺・高桐院などに出雲阿国の墓とされるものがある。
更に、出雲大社から稲佐浜へ向かう途中の山根の太鼓原の石段(阿国寺の正面)を登ったところにある中村家の墓近くに、出雲阿国の墓がある。

その後「かぶき踊」は遊女屋で取り入れられると、徳川幕府は風紀の乱れの元だとして、1629年には女性の芸人者が舞台に立って踊る事を禁止した。

※出雲阿国に限らず、他の人物でも諸説あり、良く分からない部分が多々あります。当サイトでは参考文献などをもとに、まとめている内容ではありますが、100%真実とは確認のしようがありませんので、念のため記載させて頂きます。

伏見城の戦いと伏見城 【関ヶ原の戦い前哨戦】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  4. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  5. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る