貴船神社~縁結びのパワースポット

貴船神社


 京都の貴船神社は、水の神様として、全国の料理・調理業や水を取扱う商売の人々から信仰を集めています。
 縁結びの神様としても知られます。

 貴船神社 階段

 創建年は不明ですが、最も古い社殿造替えの記録は666年ですので、相当の昔から信仰を集めていたようです。
 お参りするのには、列に並ぶ必要があり、土曜日で約10分間、並びました。

 貴船神社

 貴船神社のおみくじは、水占いです。
 真っ白の紙を1枚を選び、境内の霊泉に浮かべると、文字が浮かび出る「水占おみくじ」(200円)で、「大凶」も存在するらしいです。

 kifune-mizu

 元々の本宮は「奥宮」でして、1046年7月に大雨で社殿が流失した為、現在の場所に本宮を移したとのとこです。
 奥宮は、本宮から上流に約700m程行ったところにあります。
 奥宮の社の下には、井戸があり、パワースポットとなっています。



 叡電の貴船口から徒歩30分ですが、道が狭くてキケンなので路線バスを利用した方が無難です。

 観光所要時間は、本宮だけであれば、貴船のバス停から往復で約30分。
 奥宮も見る場合には、プラス20分と言ったところです。

 → 合わせて 京都旅行情報 1-3 貴船神社から、くらま温泉へ もご高覧頂けますと幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…

人気の戦国武将

  1. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康(とくがわ-いえやす)。 2020年のNH…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る