貴船神社~縁結びのパワースポット

貴船神社


 京都の貴船神社は、水の神様として、全国の料理・調理業や水を取扱う商売の人々から信仰を集めています。
 縁結びの神様としても知られます。

 貴船神社 階段

 創建年は不明ですが、最も古い社殿造替えの記録は666年ですので、相当の昔から信仰を集めていたようです。
 お参りするのには、列に並ぶ必要があり、土曜日で約10分間、並びました。

 貴船神社

 貴船神社のおみくじは、水占いです。
 真っ白の紙を1枚を選び、境内の霊泉に浮かべると、文字が浮かび出る「水占おみくじ」(200円)で、「大凶」も存在するらしいです。

 kifune-mizu

 元々の本宮は「奥宮」でして、1046年7月に大雨で社殿が流失した為、現在の場所に本宮を移したとのとこです。
 奥宮は、本宮から上流に約700m程行ったところにあります。
 奥宮の社の下には、井戸があり、パワースポットとなっています。



 叡電の貴船口から徒歩30分ですが、道が狭くてキケンなので路線バスを利用した方が無難です。

 観光所要時間は、本宮だけであれば、貴船のバス停から往復で約30分。
 奥宮も見る場合には、プラス20分と言ったところです。

 → 合わせて 京都旅行情報 1-3 貴船神社から、くらま温泉へ もご高覧頂けますと幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  4.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  5. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る