東京国立博物館のススメ 武将関連 国宝も多数


スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、東京国立博物館に行って参りました。
 
どんな国にも「国立博物館」と言うものがあり、外国人の観光客にも人気ですが、日本の国立博物館でも、多くの外国人観光客が見受けられました。

そんな国立博物館ですが、もちろん侮ってはいけません。

日本で最も長い歴史をもつのがこの東京国立博物館です。
日本を中心にした東洋のさまざまな国や文化の美術作品、歴史資料、考古遺物などを展示しています。
その数は11万件以上。

 スポンサーリンク


重要文化財だけでも633件、国宝に至っては87件(2014年3月現在)もあるのですね。

20140706160622437

上記はハート型土偶です。
※それぞれの写真はクリックすると拡大します。

教科書で見たような大変貴重な文化財が、ゴロゴロしており、大人620円、大学生410円、高校生までは「無料」ですべて見れてしまいますので、スゴイです。

20140706160622563

上記は遮光器土偶ですが、もちろん「戦国武将」など武将関連の収蔵品も多数あります。
甲冑、槍、刀、薙刀、古文書など、戦国ものが多数展示されていました。

相州正宗の刀

上記は相模国・相州正宗(国宝)の刀です。

え? 貴重な国宝の写真を撮影して良いのか?と言う声が聞こえてきそうですが、いいんです~。
展示品ごとに、撮影しても良いか、撮影禁止かの判断が表示されており、中には残念ながら撮影できなかった物もありましたが、大半は撮影が許可されていました。
ただし、フラッシュ厳禁なのは言うまでもありません。

源頼朝の像

上記写真は「伝源頼朝坐像」の像(国宝)、源頼朝です。
鎌倉時代の作品。

20140706160622596

上記は伊能忠敬の日本地図「関東」の部分ですね。

20140706160622468

最後は徳川家康の肖像画です。

収蔵点数が多い為、展示内容は約4ヶ月?毎に変更しているようなので、同じものが展示されているとは限りませんが、このように日本の歴史を知る上でも貴重な史料が見れるのが、国立博物館なのです。

東京国立博物館のチケット売場は下記の地図ポイント地点となります。

東京以外にも、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館とありますので、1度、お出掛けしてみてはいかがでしょうか?

上野の西郷どんに会いに行こう~西郷隆盛の銅像が見すえる東京
江戸城とは?【意外と見どころも多い江戸城の写真集】松の廊下も
江戸東京博物館はあなどれない~東京の江戸時代や明治の屋内テーマパーク
東京の幕末・戦国史跡巡りに便利な独自Googleマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  4. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  5. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…

人気の戦国武将

  1. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  2. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  4.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る