小山田神明神社は小山田城(小山田館)の支城(砦)であった可能性も?





 小山田神明神社は、鎌倉時代の1223年前後に、小山田義重(小山田次郎義重)の創建したとあります。
 主祭神は天照大神ですので、伊勢神宮・内宮系の神社ですね。

 ただし、創建当初から明治維新までは、現在の場所ではなく、東京都町田市の田中谷戸873番にあり、その名も「山王社」と呼ばれたそうです。
 田中谷戸の場所は、鶴見川の源流にあたる、泉がある辺りです。
 田中姓の家屋が多く、1661年、田中与五兵衛が青銅製の御正体(神体)を祀ったり、1803年には田中貴長が奉納した扁額もあります。

 小山田重義は、伊勢の伊鈴川のに面影があると言う事で、上小山田の田中谷戸に、皇大神の神霊を勧請したのが始まりと伝わります。

 それが、明治7年になって、神明社、天王社、稲荷神社、神明社の4社を合祀して、現在の場所である平に移転し、明治8年に神明神社と変更したと言います。



 毎年の祭礼は、この辺りで多く見られる「湯花の神事」です。

 小山田神明神社

 さて、現在の神明神社の場所は、ちょっとした小高い丘の最高部にあります。
 谷戸を見おらせる展望もありますので、もしかしたら、小山田城のちょっとした砦でもあったのかな?と感じました。

 現在の上小山田神明神社がある場所へのアクセス・行き方は、下記の地図ポイント地点となります。
 郭のような小さな台地ですので、駐車場はありません。
 付近の道路には駐車禁止ではないところもありますので、住民の方や、トラックなどの通行障害にならないよう配慮して、短時間停めされて頂いて参拝させて頂きました。

 

 →小山田重義についてはこちら
 →小山田記~実録・小山田氏の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信濃…
  3. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)を簡潔に詳しくご紹介させ…
  4. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  5. 真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(のちの…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る