勝坂(新百合ヶ丘)




小沢原の戦い(おざわはらのたたかい)は、戦国時代の合戦です。
1530年6月、河越城から軍を進め深大寺城に入ってきた扇谷上杉家・上杉朝興を迎え討つため、小田原城主・北条氏康が軍勢を率いて武蔵・小沢城に入りました。
そして、1530年6月12日、小沢原の戦いと言う訳ですが、主戦場は、小沢城の麓と言う説と、現在の新百合ヶ丘駅周辺とする説があります。
総合すると、どうも、初戦は小沢城の麓であったようで、その時、北条勢(北條勢)は敗れて小沢城に籠ります。
それを見た、上杉勢は、小田原城へ軍勢を向けて新百合ヶ丘方面まで進軍し、そこで夜営したようです。


この時、16歳で初陣であった北条氏康は、清水吉政(志水小太郎)、中島隼人佐を引き連れて、夜営していた上杉勢を急襲するべく、武蔵・小沢城から撃って出て「夜襲」を掛けたと言います。
金程付近(神奈川県川崎市麻生区金程1丁目)で戦闘になったとされます。
勝利した北条氏康(北條氏康)は「勝った!勝った!」と喜びの声を発して、金程から細山へ通じる坂を駆け上がったとし、現在「勝坂」(麻生区千代ヶ丘5-9)と呼ばれています。

この「夜襲」は、1546年の河越城の戦い(河越夜戦)でも、生かされる訳ですねと言うより、扇谷上杉家はまたしても同じ戦法を受けて北条勢に負けたと言う事が言え、油断がありすぎだと思います。

新百合ヶ丘駅の南東には、北条の軍勢を隠したとされる「隠れ谷」もあり、現在、上麻生隠れ谷公園(上麻生3丁目23-4)があります。
また、現在の麻生川は、かつて陣川と呼ばれていたそうです。


新百合ヶ丘駅入口の交差点付近は、矢が飛び交ったことから「矢崎」と呼ばれています。
なお、この辺りにはかつて万福寺という名の寺が存在しており、その伝承から現在でも町名は「万福寺」で、新百合ヶ丘駅の住所も万福寺となっています。
もしかしたら、上杉勢の本陣が万福寺に置かれたところを、北条氏康が夜襲したのかも知れませんね。

勝坂と隠れ谷公園の場所も念の為、地図表記しておきます。

勝坂

勝坂(川崎市)

勝坂の場所は、下記の地図ポイント地点となります。

隠れ谷公園

隠れ谷公園(新百合ヶ丘)

隠れ谷公園の場所は、新百合ヶ丘駅から近いです。
隠れ谷の場所は下記の地図ポイント地点です。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
武蔵・小沢城 多摩川を見下ろす整備されている山城
武蔵・寺尾城 諏訪右馬助の大きな謎 横浜の殿山寺尾城 川崎の菅寺尾城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  4. 武田信広
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る