浪人とは~RONIN (赤穂浪士など)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 現代日本において「浪人」RONINとは、入学試験に不合格となり、次の試験に備えている人や状態の事や、就職に失敗して次に備えている就職浪人などと言うが、本来の浪人とは、本籍を離れて住まいを定めずに、さまよい歩く人が、浪人の由来である。

 武士の場合、事情により主家を失うなどして、仕官先を探して他国を流浪している者を浪人と呼んでいた。流浪人とも言う。

 武士が在地領主であった鎌倉時代・室町時代においては所領と職を失い浮浪する者たちを指した。

 江戸時代になり戦火が収まると、改易などにより各地を流浪する牢人が急増した。もちろん、本人が罪を犯したり、役目で落度があり責任を取る形で仕官先を辞めて浪人になった者もいる。

 黒田家を出奔した後藤又兵衛(後藤基次)は「奉公構」を出されて再仕官の道を断たれ、大坂の冬の陣で豊臣方に参加し討死している。
 再仕官できない牢人が激増し、大坂の役が起きたときには、豊臣方に10万人の牢人が寄り集まったとされている。

 3代将軍・徳川家光の晩年には、浪人は50万人にも達したとされ、仕官先はなかなか無く、大部分は浪人のまま困窮の中で暮らしていた。

 江戸時代の浪人は士籍(武士としての身分)は失っていたが、苗字帯刀は許されており、武士としては認知されていた。

 1702年の赤穂浪士・四十七士(47士)の討ち入りは、余りにも有名である。

 スポンサーリンク


赤穂浪士【5分でわかる忠臣蔵の物語と忠義】泉岳寺と赤穂浪士の墓


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  4. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  5.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  5. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る