浪人とは~RONIN (赤穂浪士など)



 現代日本において「浪人」RONINとは、入学試験に不合格となり、次の試験に備えている人や状態の事や、就職に失敗して次に備えている就職浪人などと言うが、本来の浪人とは、本籍を離れて住まいを定めずに、さまよい歩く人が、浪人の由来である。

 武士の場合、事情により主家を失うなどして、仕官先を探して他国を流浪している者を浪人と呼んでいた。流浪人とも言う。

 武士が在地領主であった鎌倉時代・室町時代においては所領と職を失い浮浪する者たちを指した。

 江戸時代になり戦火が収まると、改易などにより各地を流浪する牢人が急増した。もちろん、本人が罪を犯したり、役目で落度があり責任を取る形で仕官先を辞めて浪人になった者もいる。

 黒田家を出奔した後藤又兵衛(後藤基次)は「奉公構」を出されて再仕官の道を断たれ、大坂の冬の陣で豊臣方に参加し討死している。
 再仕官できない牢人が激増し、大坂の役が起きたときには、豊臣方に10万人の牢人が寄り集まったとされている。

 3代将軍・徳川家光の晩年には、浪人は50万人にも達したとされ、仕官先はなかなか無く、大部分は浪人のまま困窮の中で暮らしていた。

 江戸時代の浪人は士籍(武士としての身分)は失っていたが、苗字帯刀は許されており、武士としては認知されていた。

 1702年の赤穂浪士・四十七士(47士)の討ち入りは、余りにも有名である。



赤穂浪士【5分でわかる忠臣蔵の物語と忠義】泉岳寺と赤穂浪士の墓


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  5. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…
  3. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る