信玄堤とは~釜無川の洪水を防止した武田信玄による戦国時代の堤防



急流で知られる「富士川」ですが、甲府盆地を流れている間は、川の名前が違っていまして「釜無川」と呼ばれます。
相模川の上流が「桂川」と違う名前で呼ばれるのと同じですね。
八ヶ岳の方から注ぐ釜無川は、甲府盆地に差し掛かると流れがいくらか緩やかになります。
そして、笛吹川と合流してから富士川となって静岡に流れるのですが、その合流する手前までは大雨で洪水が度々発生していました。


特に、釜無川が甲府盆地に入って、若干向きを変える竜王の辺りでは、特に洪水が起きやすかったようです。
何しろ、地名に「竜」がついて、尚且つ「王」ですからね。
地図を見ると、南アルプスから急流の「御勅使川」が「釜無川」に合流する地点ですので、特にここの水害がひどかったのでしょう。

そのため、武田信玄は20年以上に渡り堤防工事を行い、川の流れを制御して洪水を緩和しました。
なお、堤防工事は、江戸時代に入ってからも甲府藩が行っています。

戦国時代の武田家が考案した川の流れを変える方法は下記の写真の「聖牛」です。
※各写真はクリックすると拡大します

聖牛

聖牛は「大聖牛」「中聖牛」「聖牛」と3つの大きさがあったようでして、現在、信玄堤にて展示されているのは「中聖牛」だそうです。
この聖牛を川岸に築く事によって、そのうち砂利や土砂が貯まり、川の向きを変える事ができたのでしょう。重機やダンプカーなどが無い時代ですからね、考えましたね。

信玄堤

無料の駐車場とトイレが完備されています。
行き方(アクセス)は、下記のポイント地点が駐車場入口です。
ただ、私は平日の午後に訪れたのですが満車でした。
仕事の移動中などで休憩しているドライバーさんが多かったようです。
見学所要時間は5分からで、あとは散策する時間次第です。
国道20号からもほど近いですので、トイレ休憩がてらどうぞ。 
 

御勅使川「桝形堤防」国史跡 取水口を水害から守る工夫
関東周辺の史跡巡りに便利な地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  4. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る