白石永仙~伊集院家の軍師として庄内の乱を進言

白石永仙

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白石永仙(しらいし-えいせん)は、戦国時代に活躍した伊集院家の軍師です。

もとは白坂栄山という名の僧侶で、紀伊の根来寺の目頭だったと言います。

僧兵の第一とも称される武芸豊かな僧でしたが、兵法にも通じていました。

1585年3月、豊臣秀吉によって根来寺が焼き討ちされると、白石永仙は日向に逃れて広済寺の住職になったとあります。
そして、伊集院忠真から、兵法に優れていた通じていた白石永仙は、還俗し伊集院家の客将に抜擢されました。

慶長4年(1599年)、伊集院忠真の父・伊集院忠棟が、謀反を疑われて島津忠恒に誅殺されます。
このとき、鷹狩に出ていた伊集院忠真は急いで都之城に戻ると、家臣らと今後について協議しました。
白石永仙は徹底抗戦を唱えたため、伊集院忠真は、12外城の防備を固めさせ、都之城にて籠城したと言います。(庄内の乱)

そして、白石永仙は安永城にて指揮をとりました。

島津忠恒は、徳川家康の許可を得て出陣し、伊集院宗右衛門・寺山久兼・柏原有国・島津忠長・入来院重時・伊集院久信・上井秀秋・新納忠元らで都之城へ進軍します。
そして、まずは、島津豊久・入来院重時らが山田城長崎治部少輔を攻略しました。

これに対して、白石永仙は、安永城から500名を中霧島の山中に隠し、また諏訪山・風呂谷・枳ヶ谷にも500騎ずつを伏兵として配置して、自らは45騎を率いて敵に奪われた山田城へ攻撃したと言います。

山田城にて鎌田政近の相談役だった川上忠兄は、伏兵が潜んでいることを察して、逃げていく白石永仙を追撃しないよう進言します。
しかし、一部の将は逃げる白石永仙を追ったため、伊集院勢の伏兵に討ち取られました。

ただし、島津忠恒の軍勢は圧倒的で、1600年3月、徳川家康の調停を受け入れた伊集院忠真は降伏しました。

白石永仙は謀反を勧めた事や、伏兵を用いて島津の将兵を殺害した事を咎められ、関が原の戦いのあと、1600年12月29日に打ち首となっています。
首は姶良郡にある脇元の獄門に曝されました。

都之城とは~都城を守りきった名将「北郷忠相」
日向・安永城~北郷家が支配した庄内十二外城のひとつ
日向・山田城~何度も戦乱にさらされている城跡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  4. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る