上田藩主居館跡と上田藩主居館表門



 真田の里紀行、現在の上田城から、ちょっと東に行ったところに、上田高校があるが、その地はかつて上田藩主の居館であった。

 関ヶ原の戦いのあと、よっぽど恨んだのか、徳川家は上田城の外堀などを徹底的に破却する。

 そして、上田城を与えられた真田信之が、居館を構えた場所が三の丸、現在の上田高校なのだ。
 1622年まで、ここで政務を行った。

 上田藩主居館跡

 その後、上田藩主となる仙石氏や松平氏と、代々上田藩主の住まいとなり、藩主邸は移転もせず明治維新までここであった。

 上田藩主居館の表門

 現在、上田高校の東側に水堀と上田藩主居館表門が残っている。

 上田藩主居館

 特に濠と土塁は真田家のときのものであるとと考えられている。
 ただし、水際に見られる石垣は最近のものとの事。

 上田藩主居館の水堀

 なお、表門は1789年に1度焼失したとの事で、そのあとの再建された薬医門である。



 行き方・アクセス・場所だが、下記の地図ポイント地点となる。
 駐車場は付近にないので、上田市役所を拝借願いたい。

 

 その他、真田の里を観光する際の旅行計画にどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  4. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  5. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る