笛吹峠の戦い 新田義宗X足利尊氏

笛吹峠の戦い




笛吹峠(ふえふきとうげ)は、埼玉県鳩山町と同県嵐山町の境にある峠ですが、標高は80mと低く、丘陵地帯の緩やかな峠と言う感じです。
古来から交通の要所であり、平安初期には、坂上田村麻呂が布陣したと伝わる「将軍沢」の地名が今でも残っています。
アテルイなどの蝦夷征討に向かった際に、野営でもしたのでしょうか?


鎌倉時代には鎌倉街道が通っており、今でいう重要国道でした。

下記の地図ポイント地点となります。

武蔵・大蔵館から南下したところにあります。

笛吹峠の戦い

南北朝時代となり、新田義貞の討死後である正平7年(1352年)、新田義貞の3男・新田義宗(にった-よしむね)、新田義興、脇屋義治、北条時行らは、南朝勢・宗良親王(むねよししんのう)を奉じて挙兵します。
そして、鎌倉街道を南下し、武蔵野合戦にて、鎌倉に入っていた、足利基氏、畠山国清、仁木頼章、結城直光、宇都宮氏綱、河越直重、江戸長門、大石信重ら足利尊氏の軍勢と戦いました。

ちなみに、新田義宗の正室は、常陸・小田城小田氏一族と考えられる小田真知の娘となります。

しかし、南朝勢は押されて、新田義宗は笛吹峠まで撤退して陣を敷き、上杉憲顕と合流するなど兵力回復に務めました。

笛吹峠の戦い

こうして決戦を挑んだわけですが、2万の新田義宗は、8万の足利尊氏に大敗を喫します。

その結果、新田義宗は越後に逃走し、宗良親王は信濃に逃れたため、関東での南朝勢力は一掃され、足利尊氏は関東を完全に制圧して行きました。
その後、足利基氏が鎌倉公方となり、畠山国清が補佐しています。


激戦であったのを表すかのように、道路工事をした際に、大量の人骨が出ています。

なお、宗良親王が、月明かりの夜に、笛を吹いたことから「笛吹峠」と呼ばれるようになったとの伝承もあります。

越後に逃れていた新田義宗は、足利尊氏の死後、越後を中心に新田義治と共に北朝に対抗していましたが、1368年に上野・沼田で敗北、討死したとされます。

5分でわかる坂上田村麻呂とは~胆沢城と多賀城訪問記も
5分で分かる足利尊氏~人望で逆境に打ち勝った室町幕府の創始者~
井伊谷宮と宗良親王~井伊谷のもうひとつの見どころ
新田義貞とは 鎌倉幕府を滅亡させるも
庁鼻和城 上杉憲英とは

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る