笛吹峠の戦い 新田義宗X足利尊氏

笛吹峠の戦い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

笛吹峠(ふえふきとうげ)は、埼玉県鳩山町と同県嵐山町の境にある峠ですが、標高は80mと低く、丘陵地帯の緩やかな峠と言う感じです。
古来から交通の要所であり、平安初期には、坂上田村麻呂が布陣したと伝わる「将軍沢」の地名が今でも残っています。
アテルイなどの蝦夷征討に向かった際に、野営でもしたのでしょうか?


鎌倉時代には鎌倉街道が通っており、今でいう重要国道でした。

下記の地図ポイント地点となります。

武蔵・大蔵館から南下したところにあります。

笛吹峠の戦い

南北朝時代となり、新田義貞の討死後である正平7年(1352年)、新田義貞の3男・新田義宗(にった-よしむね)、新田義興、脇屋義治、北条時行らは、南朝勢・宗良親王(むねよししんのう)を奉じて挙兵します。
そして、鎌倉街道を南下し、武蔵野合戦にて、鎌倉に入っていた、足利基氏、畠山国清、仁木頼章、結城直光、宇都宮氏綱、河越直重、江戸長門、大石信重ら足利尊氏の軍勢と戦いました。

ちなみに、新田義宗の正室は、常陸・小田城小田氏一族と考えられる小田真知の娘となります。

しかし、南朝勢は押されて、新田義宗は笛吹峠まで撤退して陣を敷き、上杉憲顕と合流するなど兵力回復に務めました。

笛吹峠の戦い

こうして決戦を挑んだわけですが、2万の新田義宗は、8万の足利尊氏に大敗を喫します。

その結果、新田義宗は越後に逃走し、宗良親王は信濃に逃れたため、関東での南朝勢力は一掃され、足利尊氏は関東を完全に制圧して行きました。
その後、足利基氏が鎌倉公方となり、畠山国清が補佐しています。


激戦であったのを表すかのように、道路工事をした際に、大量の人骨が出ています。

なお、宗良親王が、月明かりの夜に、笛を吹いたことから「笛吹峠」と呼ばれるようになったとの伝承もあります。

越後に逃れていた新田義宗は、足利尊氏の死後、越後を中心に新田義治と共に北朝に対抗していましたが、1368年に上野・沼田で敗北、討死したとされます。

5分でわかる坂上田村麻呂とは~胆沢城と多賀城訪問記も
5分で分かる足利尊氏~人望で逆境に打ち勝った室町幕府の創始者~
井伊谷宮と宗良親王~井伊谷のもうひとつの見どころ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  4. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…
  5. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  4. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
  5. 実際の山本勘助武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。武田氏の…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る