鎌倉の報国寺と永享の乱・足利義久【竹林で癒されるパワースポット】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

鎌倉の報国寺(ほうこくじ)は、1334年、天岸慧広の開山による臨済宗建長寺派の寺院です。
開基は足利尊氏の祖父・足利家時、または上杉重兼とする2説があります。

報国寺は鎌倉随一の美しい竹林で有名です。

報国寺の竹林

竹の庭は有料拝観で朝9時~16時となり、拝観料200円にプラス500円にて、竹林の中にある店にて抹茶も頂けます。

報国寺の竹林

ちなみに、護国寺は恋愛成就でもありますので、素敵な恋が訪れるかも知れないパワースポットにもなっているそうでして、そのためか、カップルで訪れている方も多いです。

鎌倉公方・足利持氏と関東管領・上杉憲実の対立である「永享の乱」(えいきょうのらん)となると、関東管領・上杉憲実は上野・平井城へ逃れます。
この時、足利持氏は、近臣の一色直兼勢を向かわせ、自身は府中・高安寺に陣を構えます。

上杉憲実は室町幕府に救援を請うと、将軍・足利義教が関東の諸武将、陸奥・篠川公方である足利満直、駿河守護・今川範忠、信濃守護ろ小笠原政康、斯波持種、甲斐常治、朝倉教景らに上杉憲実救援を命じ、上杉禅秀の子・上杉持房・上杉教朝らの幕軍を派遣します。
この時、将軍・足利義教は朝廷に働きかけて、鎌倉公方・足利持氏を「朝敵」としており、9月27日敗れた足利持氏は海老名館まで退きます。

1438年11月1日、三浦時高・上杉持朝・二階堂氏らが鎌倉大蔵谷に攻め入ると、足利持氏の嫡男・足利義久の近習である梁田兄弟や一色氏、佐野氏らは防戦しますが、この報国寺にて自害したとされます。
家臣らの裏切りが相次いだこともあり、足利持氏は降伏すると、鎌倉称名寺で出家し、その後、永安寺に幽閉されました。

しかし、許されず、1439年2月10日、鎌倉公方・足利持氏がいる永安寺は襲撃を受けて、足利持氏は自害して果てました。

報国寺

その足利持氏の嫡男である17歳の足利義久(あしかが-よしひさ)は、ここ報国寺に幽閉されていたようですが、討伐されることが伝わると、1439年2月28日に報国寺にて自刃したと言います。

報国寺

仏前で焼香した足利義久(賢王丸)は、念仏を10回唱えた後に、左脇に刀を突き立てて自害したとされます。
また、この時、稲村公方・足利満貞も自害しています。

報国寺

このように鎌倉公方は一旦滅亡したのですが、足利持氏の子である足利成氏がのちに享徳の乱を引き起こし、古河公方を名乗る事になります。

報国寺

報国寺は竹の寺と呼ばれますが、コケの緑な感じも素晴らしい景観です。
各写真はクリックすると自動で大きくなります。

報国寺の庭園

小さいながらも庭園もありました。
平日に訪れてみましたが、外国人観光客も含めて、結構、参拝者が多かったです。

足利義久の墓

上記の「やぐら」(横穴)の中には足利義久の墓や足利一族の墓とされる墓石があります。

新田義貞が鎌倉を攻めた際に戦死者の埋葬塚もありますが、写真は失念しました。
またしても、次回の宿題ができてしまいました。

 スポンサーリンク


報国寺へのアクセス・行き方ですが、鎌倉駅から歩くと距離2.2kmで徒歩30分くらいです。
路線バスの場合には、鎌倉駅東口の5番乗り場より、京浜急行バス「鎌24」「鎌23」「鎌36」系統で約12分の浄明寺バス下車で徒歩3分となります。
バスの本数は比較的多いです。
車の場合には、下記の地図ポイント地点に参拝用の無料駐車場が3台ほどあり、止められる数は少ないですが、シーズンで無い平日はなんとかなりそうです。
土日祝など満車な時は、手前の橋付近にあるコインパーキング(タイムズだったような気がします)がお勧めです。
100円Pは、鎌倉浄明寺郵便局の向かい側(狭い橋を渡ったところ)にも28台あります。

大江広元邸跡と大江広元の墓(胡桃山)・明王院・梶原井戸【鎌倉】
護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)
大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
足利尊氏~人望で逆境に打ち勝った室町幕府の創始者~
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  4. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  5. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  4. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る