木曽義仲産湯の清水 鎌形八幡神社(埼玉県嵐山町) 小枝御前と山吹御前も

木曽義仲産湯の清水




埼玉県嵐山町鎌形にある鎌形八幡神社(かまがたはちまんじんじゃ)は平安時代初期に、笛吹峠を越えてこの大蔵に入った、征夷大将軍・坂上田村麻呂が創建したと伝わり、源氏の氏神として仰がれてきました。
源義賢が大蔵館主・秩父重隆の娘と考えられる小枝御前と結婚した際に、この鎌形八幡神社がある場所に下屋敷を設けたと言います。

鎌形八幡神社

そして、小枝御前(さえごぜん)が1154年に産んだ子が、のちの木曽義仲と言う事になります。
その木曽義仲産湯の清水と呼ばれる湧水は、今でもこんこんと湧いていますが、鎌形には七ケ所涌水「七清水」があり、その一つと言う事になります。

木曽義仲の産湯

付近には高い山はありませんので、かなり貴重な湧水と言えるでしょう。
現在は、神社の手洗い水として活用されているほか、脇の池にも注がれています。

木曽義仲産湯の清水

念のため記載致しますが、木曾義仲の父は、最初、上野国多胡郡に入ったため、木曽義仲は多胡で生まれたとする説もあります。


なお、近くの班溪寺には、木曽義仲の妻とされる山吹姫の墓があるそうです。
山吹姫(妙虎大姉)が木曽義仲と子の源義高の供養のために開いた寺とも言われているようです。

この山吹御前(やまぶきごぜん)は、源義仲(木曽義仲)の便女と言う記述がみられます。
便女と言うのは「便利な女」と言う意味で、身の回りの世話などをしていた下女と言うことになるかと存じます。
巴御前と同じ、中原兼遠の一族、または金刺盛澄の一族ともされますが、巴御前と共に信濃から京へと付き添うも、病気になり、木曽義仲が敗北していた頃には、病で動けなかったともあります。

鎌形八幡神社へのアクセスですが、境内に数台の駐車スペースはありますので、拝借させて頂きました。
電車の場合、武蔵嵐山駅から「せせらぎバスセンター行」ときがわ町バス(内回り)に乗車して、鎌形バス停にて下車し、徒歩で400mとなります。
場所は当方のオリジナル関東地図でもわかるようにしてありまので、。ご参考賜りますと幸いです。

なお、戦国時代の初期には、やはり武蔵で活躍した太田道灌にまつわる女性の話とし、この嵐山付近でも「山吹伝説」がありますが、山吹姫からヒントを得た話だったのかも知れませんね。


2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、この鎌形八幡神社がロケ地になっており、渋沢栄一と千代のシーンで、度々登場しました。

木曽義仲(源義仲)とは
源義賢 埼玉にある源氏三代供養塔と木曽義仲の父の墓
畠山重忠 武蔵最大勢力として忠義を貫いた武士の鑑

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る