村山党の金子氏とは





 金子氏はもともと平安時代末期・武蔵七党の一つ村山党の一族で、村山家範が入間郡金子郷に居住し、金子六郎を称して金子氏の祖となった。鎌倉・室町期に小沢城を領したようだ。
 
 1400年代に入り武蔵国国人として山内上杉氏に属した金子氏は、長尾景春に強力した。

 その後、入間の金子郷は安堵されていたようで、戦国時代には小田原北条氏に属している。
 
 豊臣秀吉小田原攻めでは、金子紀伊守家基が武蔵松山城を守るが降伏。
 
 金子三郎右衛門は八王子城内金子丸を守って討死している。
 
 その後、子孫は上杉景勝を頼り、京都守護代板倉勝重に仕え、のち毛利家に仕えた。




高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る