村山党の金子氏とは





 金子氏はもともと平安時代末期・武蔵七党の一つ村山党の一族で、村山家範が入間郡金子郷に居住し、金子六郎を称して金子氏の祖となった。鎌倉・室町期に小沢城を領したようだ。
 
 1400年代に入り武蔵国国人として山内上杉氏に属した金子氏は、長尾景春に強力した。

 その後、入間の金子郷は安堵されていたようで、戦国時代には小田原北条氏に属している。
 
 豊臣秀吉小田原攻めでは、金子紀伊守家基が武蔵松山城を守るが降伏。
 
 金子三郎右衛門は八王子城内金子丸を守って討死している。
 
 その後、子孫は上杉景勝を頼り、京都守護代板倉勝重に仕え、のち毛利家に仕えた。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  4. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  5. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)を簡潔に詳しくご紹介させ…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  4. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  5. 筒井順慶
    筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る