河原村伝兵衛(川原伝兵衛、川原村伝兵衛 、河原伝兵衛)

戦国武将列伝Ω




河原村伝兵衛(川原伝兵衛、川原村伝兵衛、河原伝兵衛)

 元は三河の浪人とされ、山県昌景の同心として活躍した。

 1570年、伊豆・韮山城攻めで、山県昌景隊が深入りし危機に陥った際に、河原村伝兵衛は白地に「船」の一字を書いた旗を指し、1人で6回も敵に突撃をし、山県昌景隊の危機を救ったとされる。

 この武功を武田信玄は大変気に入り恩賞として、その場で杯、槍、刀、そして武田信玄自らの手で甲州金を三すくいほど与え、河原村伝兵衛を剛の者と褒めたと言われる。(甲陽軍鑑による)

 これ以外に河原村伝兵衛に関する記録は残っておらず、詳細は不明。




高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る