七沢城と実蒔原の戦い・徳雲寺~扇谷上杉家の相模重要拠点


スポンサーリンク
スポンサーリンク

七沢城(七沢要害)(ななさわじょう)は、標高100m、比高18mの山城です。

最初の築城時期などは不明ですが、1450年4月に扇谷・上杉持朝(糟谷館主)と家臣・太田資清らが、鎌倉公方足利成氏を襲撃すると、江の島の戦いとなり、足利成氏は江の島に逃れます。
その後、足利成氏は七里が浜の戦いで、上杉勢を撃退したため、関東管領・山内上杉憲忠は、七沢山に要害を構え、鎌倉公方・足利成氏に対抗しました。

 スポンサーリンク


次の関東管領・山内上杉房顕は平井城を本拠としたため、勢力を拡大著しい扇谷上杉定正が七沢城も支配したようです。

七沢城

しかし、扇谷上杉定正は忠臣で名将の太田道灌を1486年に殺害してしまいます。
1487年からは、上杉家での権力争いである長享の乱となり、山内上杉顕定は、扇谷上杉定正の相模の拠点・糟屋館を攻撃するため、約1000にて出陣します。
河越城にいた扇谷上杉定正も約200にて急ぎ糟屋館を目指すと、七沢城の南方で遭遇し、1488年2月5日、実蒔原の合戦(さねまきはら、実蒔原の戦いなりました。
七沢衆200騎とされる七沢城主・七沢朝昌(上杉朝昌)が討死するなど兵力に劣る扇谷上杉定正でしたが、戦上手でもあったため挟撃し、上杉顕定勢を破っています。

扇谷上杉定正は「不思議の至り、この事に候」と奇跡的な勝利であったと述べていますが、七沢要害は陥落して、七沢朝昌(上杉朝昌)は大庭要害(大庭城)に逃れたともされます。

その後、上杉定正の次子とされる上杉朝寧が七沢城主となりましたが、北条早雲が相模に進出すると、1562年、七沢城は陥落しました。
扇谷上杉家は武蔵へと追いやられ、七沢城には北条家臣・渡辺五郎左衛門が入っています。

かつては遺構が良好に残されていたといいます。

しかし、現在は老人ホームや病院が立ち、地名を残して消滅してしまっています。

七沢城の石碑(ページトップの写真)がある場所は下記の地図ポイント地点となります。

なお、七沢城の背後には、物見・詰城とも言われる七沢見城山城(標高375m)があり、ハイキングコースにもなっていますが、春から夏は丹沢名物「ヒル」が出て血を吸われます。丹沢は「冬」に訪れて下さい。

徳雲寺

七沢城址の北側にある徳雲寺は、扇谷上杉定正の開基とされます。

上杉定正の供養塔

駐車場のすぐ西側に上杉定正の供養塔(墓碑)があります。
ちょっと前までは、少し離れた畑の中?にあったのですが、2014年5月11日、現在の駐車場脇に移されて、整備されました。

七沢城址

上記写真は徳雲寺から望む七沢城址です。

徳雲寺

徳雲寺の駐車場は下記の地図ポイント地点で、駐車場の西側に

実蒔原古戦場石碑

実蒔原(さねまきばら)は、大山の麓にあります。

実蒔原古戦場

実蒔原の戦いの実蒔原古戦場址の場所ですが、付近には何も案内や看板もありませんので、非常に分かりにくいです。
今まで多くの史跡を巡っていますが、ここまで、わかりにくい史跡も珍しいです。
ポイントとしては、下記の「水車小屋」が目印となります。

水車小屋

その水車小屋の水路脇の道路はちょっと広いですので、その駐車禁止ではない道路に車を止めて、歩いて下記の地図ポイント地点を目指しました。
もちろん、付近の住民の方や農作業されている方のご迷惑になら無いよう心がけましょう。
実蒔原古戦場碑の場所は、畑の中と言うような感じで、木があります。
その木の下に石碑が立っています。

鎧塚

おまけとして鎧塚古墳もご紹介致します。
高部屋小学校前バス停付近にあります。

鎧塚古墳

6世紀後半の円墳で、直刀・刀子・鉄鏃が出土したそうです。
現在墳丘に鎧塚神社の石碑(石室の石材を使用)や忠魂碑があります。

鎧塚古墳のちょっとした高台への側道(砂利道)に、バス通りから入ってみたのですが、これがまた狭く道の先は民家となっており、Uターンできませんでした。
バックで坂を下って県道に戻った次第です。

よろい塚の場所は下記の地図ポイント地点となります。

近くには日向薬師もありますので、是非散策がてらどうぞ。

太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
丸山城と高部屋神社・糟屋館跡【神奈川県伊勢原市】
関東の役職である鎌倉公方・関東管領・古河公方などを解説
三浦義同(三浦道寸)と相模・岡崎城の遺構~岡崎四郎義実の墓
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  2. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  4. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  5. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  4. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る