山城(登山)攻略時の私の装備一覧~安全・安心・疲労軽減


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 小生が山城に登山(ハイキング)する際の「装備」は下記の通りです。

 
 トレッキング ストック

 トレッキング・ポール、トレッキング・ステッキとも言います。
 山城は坂が多いので、この「ストック」は非常に役に立ちます。私の場合、細かい砂利の下り坂では必ずと言って良いほど、靴が滑り転びそうになりますが、このストックのお蔭でいつも転倒せずに済んでいます。
 また、登りと言うよりも、下り坂では足に重心が掛かり、足への負担が大きくなりますが、ストックを使用する事で軽減され、下山した際の疲労感がぜんぜん違います。筋肉痛にもなりません。
 もちろん、登りでもストックで突きながら上ると、ちょっとラクな感じが致します。
 できれば「サスペンション(クッション)付」のストックがお勧めですが、そんなに高くないですよ。
 そして、このステッキを1本持っているだけで「単なる城マニアではなく、登山客かな?」とも、思ってもらえるので、気分的にも悪くなく「挨拶」も軽快になります。

 
 トレッキングシューズ

 登山用の靴ですね。ただし、山城は低山で日帰りもいいところですので、本物の数万円する登山専用の靴までは不要です。その為、私はトレッキング用シューズを履いています。
 防水加工もあれば、ちょっと雨が降っても問題ありません。足首までホールドされているトレッキングシューズであれば、ヘビに足首を噛まれる際の予防にもなってしまいますよ。

 
 ソルボ スーパーライト

 「ソルボ」と言う人工筋肉を使用した、靴の中敷き(インソール)です。
 安い靴でも、このソルボのインソールを入れるだけで、高級なものになり、足裏やかかとへの衝撃を和らげてくれますお勧めです。
 特に下山する際に威力を発揮しますが、私の場合は、普段履いている靴にも、同様にソルボを入れています。

 
 足裏元気 いきカエル 2個入り ※足底の痛みをサポート

 上記のシリコンは、特に急峻な山城を登る際に使用しています。もちろん、下山時の足裏への衝撃緩和です。かなり違います。

 ついでに「靴下」をご紹介致しますと、お勧め靴下としては、ユニクロの「コンフォートサポートソックス」(2足組・943円税別)です。
 かかと部分がラージヒールで衝撃を抑えて疲れにくい靴下で、立体設計の為、左足用と右足用と両方に別れている靴下なのです。
 ただ、大型店舗の特別商品なので、大きなユニクロに行くか、通販でないと買えません。基本的に男性用ソックスなのですが、登山やハイキングで女性が履いても良いでしょう。

 
 ボトルクーラー

 500mlのペットボトル・カバーですね。少しでも冷たいままにしておきたいので、春から秋には欠かせない必需品となっています。

 スポンサーリンク


 リックサックは背中が蒸れるので、余り好きではないのですが、比較的長時間の山行きとなる場合には、着替え・タオル・雨具(レインコート)などを用意する関係上、持って行きます。
 そして、いざ登る直前に栄養ドリンクを一発飲むのは言うまでもありません。これも疲労軽減策の1つです。
 スマートフォンも山中で迷子になったり、道の確認をしたりする際など、緊急時に非常に役に立ちます。

スマートフォン向けの便利アプリ

 「標高ワカール」アプリは、現在地の標高を測定してくれます。
 「山カメラ」は、その方角の山の名前などがカメラ上に表示され、撮影もできてしまいます。
 最後に「クマ除け鈴」ですが、登山していて「熊注意」が気になった場合には「熊よけの鈴」アプリなる物もありますので、スマートフォンに緊急インストールして活用できますよ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…
  2. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  3. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  4.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  5. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る