呂宋助左衛門とは~ルソン壺を豊臣秀吉に献上した納屋助左衛門


スポンサーリンク
スポンサーリンク

呂宋助左衛門(るそん-すけざえもん)は戦国時代に大阪・堺の貿易商・納屋才助の子として1565年に生まれた。
本名は、納屋助左衛門(なや-すけざえもん)と言い、他にも菜屋助左衛門、魚屋助左衛門(ちや)と記載されている場合もある。

 スポンサーリンク


1594年にスペインが征服していたルソン島(フィリピン)に渡り1594年7月に帰国するなど、国際貿易を行うと巨万の富を得たとされている。
1594年7月20日には、豊臣秀吉に対して、生きた麝香獣2匹、ルソン壺(呂宋壺)50個、麝香、真壺、唐傘、香料などを献上したことが記録に残っている。
この時は、大阪城・西ノ丸にある大広間に並べると、値段を付けて、希望する諸大名に分け与えたとされ、これにより呂宋助左衛門の名が広く知られる事となった。

しかし、あまりにも豪勢な生活ぶりは、天下人・豊臣秀吉の権威をないがしろにしているとして、石田三成らの進言により、屋敷や財産没収処分となった。
たたじ、事前に察していたようで、贅沢な邸宅や財産を菩提寺・大安寺に寄進したのち、ルソンへ脱出し日本人街で暮らしたと言う。

別の説では、献上したルソン壺が、現地人の便器だと発覚したことから豊臣秀吉の怒りをかったとも言われている。

1607年、スペインがカンボジアに介入すると、呂宋助左衛門はカンボジア(柬埔寨国)に渡り、カンボジア国王の信任を得て日本から訪れる商人の「元締め」となり、現地でも豪商として腕を鳴らしたとされている。
なお、当時のプリンペンなどには約400名の日本人が暮らしていたとあり「黄金の日日」においては呂宋助左衛門は6隻の貿易船を運用し、税関長も務めたとされている。
没年は不明だが、大安寺に呂宋助左衛門の墓とされるものがある。

なお、ルソン壺は叩き壊されたようだが、ひとつだけ堺の大安寺に残っている。

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、38年前に「黄金の日々」にて呂宋助左衛門(主役)を演じた歌舞伎俳優・松本幸四郎さんが、再び同じ役を再演する。

豊臣秀吉の実像に迫る~本当の出自は?【木下藤吉郎の真実】豊國神社
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  3. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  4. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る