天龍寺~嵐山に京都五山の一位として栄えた名刹

天龍寺の庭園




天龍寺は後嵯峨天皇の亀山離宮があった場所に、1339年、足利尊氏後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓国師を開山として創建した禅寺。
方丈裏の庭園(史跡・特別名勝)は往時の面影を今に伝えている。
嵐山、亀山を背景とした池泉回遊式庭園で、貴族文化の伝統と禅好みの手法が溶け合い、四季折々の美しさを見せる。

天龍寺は、嵐電の嵐山駅から徒歩で2分。
ただし、その天龍寺の入口から下記写真の「庫裏」がある所まで、約5分歩く。

観光所要時間は庭園が約40分、諸堂参拝も行うとプラス20分といったところ。
出入り口は、天龍寺の北側にも1箇所ある。



天龍寺の約100台の駐車場は朝8時30分からで、乗用車1回1000円。

ただし、土日祝ともなると周辺道路が混雑し、また歩行者も多いので安全運転でお願いしたい。

秋の紅葉シーズンには道路が通行止にもなるので記載しておく。

天龍寺を訪れた際の旅行記はこちら
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る