天龍寺~嵐山に京都五山の一位として栄えた名刹

天龍寺の庭園


天龍寺は後嵯峨天皇の亀山離宮があった場所に、1339年、足利尊氏後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓国師を開山として創建した禅寺。
方丈裏の庭園(史跡・特別名勝)は往時の面影を今に伝えている。
嵐山、亀山を背景とした池泉回遊式庭園で、貴族文化の伝統と禅好みの手法が溶け合い、四季折々の美しさを見せる。

天龍寺は、嵐電の嵐山駅から徒歩で2分。
ただし、その天龍寺の入口から下記写真の「庫裏」がある所まで、約5分歩く。

観光所要時間は庭園が約40分、諸堂参拝も行うとプラス20分といったところ。
出入り口は、天龍寺の北側にも1箇所ある。



天龍寺の約100台の駐車場は朝8時30分からで、乗用車1回1000円。

ただし、土日祝ともなると周辺道路が混雑し、また歩行者も多いので安全運転でお願いしたい。

秋の紅葉シーズンには道路が通行止にもなるので記載しておく。

天龍寺を訪れた際の旅行記はこちら
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  4.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  5. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  4.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  5. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る