徳川家康がなぜ天下を取れたのか?~人財を生かし夢を叶えた徳川家康のスゴイところ

徳川家康

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康(とくがわ-いえやす)。
戦国の世に生まれ、今川義元の人質でありながら、徳川家康はなぜ天下を取り、260年も続いた徳川幕府を開く事ができたのだろうか?
そんな、戦国武将・徳川家康(Ieyasu-Tokugawa)が、なぜ天下を取り江戸幕府に安定をもたらすことができたのか?
その理由に迫ってみたい。

目次 Contents

まず最初に人材である「人」から見てみよう。
戦(いくさ)は一人でできものでなく、逆に「人」(家来)を動かす立場となるのが大名や武将と言う立場だ。
そのため、武将や大名にとって部下(家臣)が、いかに自分のために働いてくれるかが、一番大きなカギとなる。
更には、その家臣の下につく末端の雑兵までが、どれだけ一生懸命戦ってくれるかも重要だ。
そのため、人心掌握ができない場合、自分の未来は無いと言っても過言でなく、戦国大名が一番怖いのは、戦に負けると言う事より「家臣の裏切り」になる。
室町幕府第13代将軍・足利義輝という時の権力者でも、求心力を失い、松永久秀と三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と言った家臣に裏切られて殺害されている。
いつ裏切られるかわからない下剋上の世の中であった為、戦国時代にはどんな大名でも家臣には大変気を配っている。

そんな中、のちに天下を取った徳川家康には、古くからの「信頼できる家臣」が最初から充実していたと言えよう。

織田信長の織田家は、元々、尾張守護・斯波義統の家臣に過ぎず、清洲城主の織田家である主家とはまた異なる。
このように清洲三奉行として清洲城主・織田家の配下である一族衆であったに過ぎない。
すなわち、織田宗家の分家であった3つの織田家の1つの出自であり、立場の弱かった一族が織田家の本家を凌いだだけでなく、主家である斯波家よりも力をつけた訳で、下剋上の成り上がり典型例と言える。
もちろん、これは織田信長だけの成果ではなく、祖父や父・織田信秀が勢力拡大することに成功した結果であった。
しかし、織田信長の織田家も古くから尾張にて君臨した訳ではなかったので、昔から強力な譜代の家臣が多くいた訳ではない。
勢力を拡大しつつ新たに配下に加えた家臣が多かったと言える。
そのため、忠誠心には心配な点があり、実際に、一番の重臣となった柴田勝家も一度、織田信長を裏切っている。
しかし、強力なリーダーシップにて、尾張を統一したのが織田信長であり、その過程で林秀貞らの甘言により何度も裏切った弟・織田信行を暗殺したり、家臣の統制には苦慮しつつも、家臣には強固に結果を求めることで統率して行った。
更には、槍の長さを敵の槍より長い武器に改善したり、城下に軍勢を住まわせるなど革新的なアイデアによって、勢力拡大路線がうまく機能し、家臣も手柄を立てれば領地を増えしてもらえるため、不満もしばらくは収まった。
やがて天下が見えてくると、比叡山焼き討ちなど織田信長の残虐さが目立つようになり荒木村重の謀反が起こる。
この時、信頼していた部下がなぜ謀反したのか?を良く検証し、自ら悔い改めて寛容な対応をしたり、以降は家臣を大事にすればよかったのだが、その後も林秀貞や佐久間信盛と言った名だたる武将を追放。
こうして、結果的に明智光秀による本能寺の変に至った。
すなわち簡単に申し上げれば、家臣を大事にしなかったため、裏切られて命を落としたとも言えよう。


豊臣秀吉に関しては、最近は農民ではなかったとする説もあるが、いずれにせよ成り上がりである。
そのため、織田信長よりも状況は非常に悪く、自分に忠節に仕えてくれる譜代の家臣が1人もいない。
分かり易く言うと、数代に渡って豊臣家に仕えたと言う結束が固い家臣は皆無と言う事だ。
これは乱世においては、かなりの条件が悪い中での武将人生スタートと言えるが、それでも、天下を取ったのだからその偉業はスゴすぎる。
しかも、豊臣秀吉が追っていた傷は、額(ひたい)の傷だけであったともされ、すなわち若いころはともかく、武将クラスになってからは家臣らを前面で戦わせて、自分は後方指揮に専念し、危険を避けていたとも言える。
一番の危機ともいえる、金ヶ崎の戦いにて殿(しんがり)=<しんがりとは、敗走する際に後方で追撃してくる敵の大軍を相手に戦い、主君を逃がすこと>を務めても、傷を負ったという記録すらない。
このように自分のために戦ってくれるよう、持ち前の求心力で、出世するに従い有能な家臣をどんどん登用し、自分はより出世するために家臣を大いに働かせたと言える。
そのためには、家臣らとの宴会ではその場を盛り上げたり、感謝の言葉を常に述べたりと、信頼関係を築くのに大変気を使ったが、信頼できる譜代家臣がいないのだから、こうするしかなかったとも言えよう。
とは言え、竹中半兵衛黒田官兵衛と言った、優秀な武将はその人柄に惚れて豊臣秀吉の為に働いてくれた。
1590年の小田原攻めの際には、箱根湯本の温泉につかりながら、他の武将を動かすと言う「余裕な状況」となっている。
そして、臣従した大名の妻を大阪城下に住ませて、事実上の「人質」にとって、裏切りを防止することにした訳だが、実際、これはうまく機能する。
このようにして天下を取ったものの、心の底から信頼できる家臣と言う者は最後まで少なく、豊臣秀次など一番信頼できるはずの身内すら信用できず、静粛もしてしまった。
それでも、石田三成など、子供の頃から可愛がり成長した武将などは豊臣家の為に忠義を尽くした。
しかし、それらの新参家臣は元々武士では無かったりしたので、譜代家臣を持っておらず、末端まで見ると軍勢としては素人集団のようなものと言っても過言ではないだろう。
このように、石田三成のように1人頼りになる家臣がいたとしても、その石田三成に仕える石田家臣も新参が多い。
有能な部隊長が少なかった石田三成の軍勢は、戦術的にも技術的にも戦闘能力が低い=石田三成には武人としての才能がない(戦がヘタ)と評価されるのも納得が行く話となる。
また、強大な豊臣政権を作り上げた豊臣秀吉が亡くなったあと、徳川家康が巧みに天下を狙ったのも、ある意味家臣に裏切られたと言って良いだろう。


徳川家康が生まれた頃の松平家も、家臣に裏切られたり厳しい状況であったが、桶狭間の戦いで今川家が衰退するなど「運」が良かった側面もある。
しかし、徳川家康は岡崎城主・松平宗家の第9代目であり、初代・松平親氏は室町時代初期である1400年頃に基礎を築いており、鎌倉期など古くからではないが、家臣との信頼関係がある伝統ある武家と言える。
古参の家臣も、約150年も前から譜代の家臣となっており、長年の付き合いで家臣と主君の間の信頼関係も深いものが最初からあった。
当然、家臣団も末端に至るまで、戦闘のプロも揃っており、精強で忠誠心が強い「三河武士」と呼ばれる由縁である。
そのため、浜松城から無理に出陣した三方ヶ原の戦い武田信玄に敗れた以外、徳川家康は「野戦」では負けたことが無い。
このように徳川家康は生まれた時から家臣には大変恵まれていたと言え、この点は豊臣秀吉と異なり大変大きい。
もちろん、徳川家康に大将としての魅力と器量があったからこそ、家臣も夢を抱いて必死になって戦ったのだろう。
織田信長の死後、甲斐を得る事になった徳川家康は、旧武田家臣をこぞって登用し、有能な武将・井伊直政に預けた。
これも、甲斐・信濃の治安安定を目指しただけでなく、経験豊かなプロを敵に回したり、他家に仕官させるのではなく、味方につけて自分に取り込み、より強力な軍事力を得た方が得策だと考えての事だろう。
ただし、石川数正のように、徳川家康に見切りをつけた重臣がいたのも事実であり、徳川家康と言えども完全に家臣を掌握できた訳ではない。
このように、戦国大名は家臣の裏切りは一番心配な要素であったが、織田信長・豊臣秀吉と比較すると、徳川家康は恵まれていたと言えよう。


次に資金である「財」を見てみよう。
どんなに優秀で信頼できる家臣や兵力と言った「人」が揃っていても、それなりの「軍資金」がない事には、鉄砲を購入・生産したり、軍勢を長期間動かす事も出来ない。
すなわち、お金がないことには、軍事力を維持できず、攻めてきた敵に屈するだけで終わってしまう。
そういう意味では、小田原攻めのあと、徳川家康は先祖伝来の地を失ったが、関東移封にて256万石と言う非常に大きな資金源を得ただけでなく、諸大名が消耗した朝鮮出兵も、九州・名護屋城詰めのみで兵力を温存できたのも大きかっただろう。

豊臣秀吉が莫大な富を得たのは、なんと言っても「太閤検地」だ。
それまで、農民が自己申告にて適当に年貢を納めていたのを、山奥の田畑にまで、実際に出向いて、農地の広さを計測すると言う太閤検地を行い、実態に応じた税収を得られるようになった。
すなわち、農民に正しい納税を行わせることで、税収増となったのだ。
ただし、太閤検地は豊臣秀吉が最初と思われがちだが、実は織田信長が大規模な検地を行ったのが原型であり、豊臣秀吉は真似をしたに過ぎない。
そういう意味では、織田信長は当時革新的な考えで天下を目指したのがここでも伺え、その行動を実際に豊臣秀吉は見ていたと言える。
 
ちなみに、楽市楽座は、1549年に近江の六角定頼が観音寺城で行ったのが始まりであり、これは織田信長が真似たと言える。
要するに、織田信長も豊臣秀吉も「良い政策」は真似をしたのだが、これは悪い事では無い。

いずれにせよ、実力をつけてきた徳川家康には豊臣家に次ぐ財力を与え、更に自分の妹や母を人質に出してまで、徳川家を操ろうとした豊臣秀吉であったが、小牧・長久手の戦いで敗れた豊臣秀吉にとって、2度、徳川家に負ける訳にもいかないので、まぁ、これはやむを得ない事情でもあったと感じる。

掛川城・天守閣
(写真は掛川城)

そして、知力である「智」を見てみよう。
徳川家康(松平元康・竹千代)は、幼い頃は今川義元のもとで人質生活をして太原雪斎から学んだが、織田信長の命にて嫡男・松平信康を失うなど、自分よりも強い権力を持つ者には逆らえないと言う、人生を送ってきた。
誰にも命令されず、自分で決めたい!!、常々、徳川家康はそのように感じつつも、すぐには行動に移さず、チャンスを伺っていたいたように思える。
そして、織田信長や豊臣秀吉の成功例や失敗例もたくさん見て学んできた事は、関ヶ原の戦いに勝利して天下を取ったあと、どうやったら家臣(諸大名)の裏切りを抑える事ができるのか?と知恵を得ることができたと言えよう。
今川家の衰退、織田信長の横死、豊臣秀吉の政策など、過去の良い例・悪い例を大いに参考にできたのは幸いであったに違いない。

信頼できない者、古くから臣従していない大名は「外様」として幕府を置いた江戸から遠くに所領を与え、信頼できる者を本拠地・江戸の近くに配置している。
特に江戸城から近い関東に、譜代の徳川家家臣を配置して固めたのは、教科書にも記載されている事項だ。
諸大名の軍事力、すなわち資金を削らせるため、江戸城の普請などを命じたが、これは豊臣秀吉が伏見城などの普請を諸大名に行わせたことからヒントを得ている。
また、大名の妻子を江戸に住まわせたが、これも豊臣秀吉が大阪城下に主だった大名の妻を住まわせていたのを真似た訳だ。
なお、江戸には大名の妻子だけでなく、その大名家の重臣からも子供などを人質として江戸に住まわせた事実は余り知られていない。
ようするに、諸大名だけでなく、その重臣らに対しても徳川家を裏切って主君をそそのかしたりしないよう、充分な対策を講じたのだ。


そして、天下を取った豊臣秀吉がなしえなかった、害を及ぼしかねない巨大勢力への対策。
豊臣家に対しては、神社の再興などにその資金を消費させたが、さすが豊臣秀吉が残した財力は、そんな程度で底を尽く事はなかった。
徳川家康は隠居して、将軍を徳川秀忠に譲って世襲させる。
それに不満を覚える淀殿の豊臣家が戦を仕掛けてくるか、またはそのまま弱体していくかを狙ったが、お互いに年月だけがたって行く。
そうこうするうちに、徳川家康は70歳を過ぎ、余生があるうちに、最大の懸念であった豊臣秀頼の静粛を行う事に決め、大阪の陣にて最大の懸念材料を払拭した。
この点も、死ぬ前にやらなければ豊臣秀吉と同じ失敗になると学んだとも言えよう。
この時、真田幸村後藤又兵衛らと言う、徳川家に歯向かう恐れがあった武将も同時に一掃できたのも大きい。
しかし、それ以上に、徳川政権下で所領を安堵されている諸大名、例えば伊達政宗や薩摩藩なども誰一人、徳川家を裏切らなかったと言う事が最大の安心材料となり、徳川の天下は固まった。

徳川家康の甲冑

最後に、生きると言う「生」を考えたい。

戦国時代には、討死・殺害など若くして亡くなった武将も多いが、仮にその武将が長生きしたならば、また違った形で名を残していただろうと、つくづく感じることがある。

豊臣秀吉の享年は62、徳川家康の享年は75。
歳をとった徳川家康は、自分で薬を作るなどしてとにかく健康維持を欠かさなかった。
人間を含む動物は、死んでしまったらそこでおしまいだと言う事を、よく理解していたと言えよう。


徳川家康の健康対策が功を奏したかどうか?は、なんとも言えないが、事実として豊臣秀吉が亡くなった年齢よりも13年間も多く長生きした。
これは豊臣秀吉より17%多い長寿であり、そのおかげで最後の集大成となる大阪の陣をなし得たとも言える。
もし、豊臣秀吉と同じ年で徳川家康も亡くなっていたら、その年は1603年となる。
こうなると、1603年2月12日に征夷大将軍に就任したばかりの徳川秀忠の能力で、徳川政権を維持できたかは、どうしても疑問が生じる。
このように、再び世の中は乱れていたかも知れないと考えると、はやり「長く生きた者勝ち」と言う事なのであろう。

時には死ぬ覚悟を持って事に当たる必要があっても、そこで死んでは「夢はなし得ない」と言う事だと感じる。
夢をかなえるのには、死んではいけない、生きること、そして徳川家康のように最後まで諦めないことこそが最大の戦略となることが、徳川家康の人生からも学べる。

と言う事で「人財智生

この4点が備わった事により、徳川家康は天下を取り、安定した江戸時代の祖を築くことができたものと小生は考えるが、皆様はいかがお感じになられるだろうか?

参考・出典・参照

徳川家康の詳細年表・徳川家康の生涯はこちら
豊臣秀吉の子供の頃の話や人物像はこちら
徳川家関連カテゴリはこちら
服部半蔵・服部半蔵正成~徳川家の忍者だったのか?
徳川家康が姓を変え苗字を変えた「大人の事情」~松平から徳川姓へ
阿茶局【徳川家康の側室・須和】徳川家をかじ取りした女性
権現様しかめ像(しかみ像)~徳川家康苦難の絵画
高野山の徳川家霊台

徳川家康 ストラップ
戦国浪漫「戦国グッズ販売」好評通販

※最後までご覧頂きましてありがとうございました。皆様も反対ご意見・ご感想などございましたら、下記のコメント欄にお寄せ頂けますと幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

    • 寺田 みゆき
    • 2015年 4月 09日

    この文章は、素晴らしいです。
    凄くお疲れではありませんか?
    こういう風に丁寧に纏められないものですよ。
    凄く参考になりました。
    ありがとうございます。

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 09日

    寺田様、恐れ入ります。
    本当に筆才が無いもので、ご指摘の通り、見直しては再編集を10回くらい行い、ようやく公開できた次第です。(^_^;)
    いつも誤字・脱字も多く、申し訳ありません。
    寺田様のブログ内容のように、素晴らしい文章がいつも書けると良いのですが、それに比べると本当にお恥ずかしい限りでございます。
    お忙しい中、ご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

  1. 楽市楽座など商いの振興、南蛮からの知識を積極的に吸収する姿勢は大いに評価しますが、人命軽視がはなはだしい、
    恐怖政治で世の中束ねていたような場面が随所に見られます。更に言えば、中国の紂王に通ずるような要素も感じられる。
    そのような理由で、ちょっと私は、信長を支持できません。
    秀吉は、人の心を掌握し、実際ヒューマニズムに溢れるような武将であったのかもしれませんが、日本をどのような国にしたかったのか、大きなヴィジョンが、どうも見えません。
    TVドラマによると、晩年、朝鮮出兵では、家臣からも見捨てられた感もあります。いろんな人に恩を売っていたようですから、家康が恐れるくらい、支持者も多かったのでしょう。
    やっぱり冷静な思考で巧妙に人心を把握していった家康に、最も天下人としての能力があったと思っています。
    確かに、イギリス、フランスのように基本的人権の尊重などは、一切見られませんでしたが、250年にわたる平和をもたらした功績は実に大きいと思います。
    江戸時代を、国学ではなく、儒教によって身分制度を徹底させることによる侍支配と考えていいのでしょうかね。
    いずれにしても、三人の人物像が、見事かつ具体的に描かれており、ためになりました。

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 10日

    髙橋さま、お忙しい中、貴重なご意見、誠に恐れ入ります。ありがとうございます。
    高橋さまは、さすが、小生よりも3人の事を良く把握なさっておられるようにお見受け致します。
    大変参考になります。
    また、機会がございましたら、他の武将などに関してもご意見お寄せ願えますと幸いです。

    • 高橋正博
    • 2015年 4月 10日

    とんでもございません、人、財、智、生と分けられた、分析的な記述、もう、学者の域ですよ。
    高橋

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 10日

    高橋様、恐れ入りまする。
    至らない文章の方が多いですが、そのお言葉を励みに、今後も精進して参りたいと存じます。
    また、時折りでもコメントを賜りますと幸いです。

    • 高橋正博
    • 2015年 4月 11日

    それでは、お言葉にあまえまして、すぐでなくとも結構ですし、気が向いたら調べてもらえれば、嬉しいなと思っていることが、2点ございます。まあ元禄時代にかぎりましょう。
    浪人ではなく、幕府に仕える江戸の侍は、どんなことを学んでいたのでしょう。もう一つは、一両の価値です。
    例えば、一晩、吉原で遊ぶと、何両くらいかかったのかなとか、ある大店が、3000両、盗賊に奪われたとします。今でいうと、一億円に相当するのかなと気になってしまいます。
    また、高田様の研究分野と異なっていたら、もちろんそうおっしゃっていただいて結構です。
    また、他日、幕末のことなどを質問したいとも考えていますから。因みに、私のちょっと得意分野は、モダンジャズとロック、ポップスです。

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 11日

    高橋様、コメントありがとうございます。
    ご質問の件、了解致しました。
    貨幣価値に関してはある程度把握致しておりますが、旗本の学業に関しては、ちょっと調べて見ます。
    ご期待に添えるかどうかわかりませんが、いずれにせよ、手が空き次第「記事」と言う形に致しまして、ご報告申し上げたいと存じます。
    3~4日程度だけご猶予願いたく存じます。

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 12日

    江戸時代の貨幣価値をUP致しました。
    https://senjp.com/kaheikachi/
    旗本の学問は明日(4月13日)にUPする予定です。(^-^)

    • 高田哲也
    • 2015年 4月 13日

    お待たせいたしました。
    史料が少なく難しかったですが、武士の学問に関しても、UPさせて頂きましたので、よければご覧願います。
    https://jpreki.com/benkypu/

    • ひまなむじんくん
    • 2015年 8月 03日

    石田三成の軍の戦闘能力っていうほど低くないと思いますよ。
    関ヶ原を参照ください。数倍の兵とやりあって持ちこたえてますよ。
    他の味方の軍勢が裏切ったり、弱かったりしたんです。

    • 高田哲也
    • 2015年 8月 03日

    ひまなむじんくんさま。こちらにもコメントを賜りまして、誠にありがとうございます。
    ほんと、関ヶ原は裏切りさえなければ、西軍が勝利していた可能性高いですよね。
    しかし、徳川家康も、その内応者の取り付けがあったからこそ、長い間、ためらっていた江戸城を出立したのかな?と感じております。
    また、他の記事などでもご意見などございましたら、是非、お願い申し上げます。
    ※Facebookにて、戦国武将のグループもあります。(^-^)

    • しげ
    • 2015年 10月 26日

    大変うまくまとめられていて関心いたしました。

    私が気になるのはその後15代に渡り江戸幕府を支えてきた「伝統力」です。

    下の世代が父より劣ったために滅びた強大な戦国大名家はよくありますが
    200年以上もの間守り続けられたのは、教育がよかったのか、幕府を滅ぼす原因を摘み取るシステムが完ぺきだったのか

    とても考えさせられます。

    • 高田哲也
    • 2015年 10月 26日

    しげさま、いつもコメントありがとうございます。
    また、本当にお恥ずかしい文章ばかりなのですが、お褒めに授かりまして、恐悦至極でございます。(^-^)
    そうですね。伝統力。伝統を守ってきた、また家康公の意思を守るようにしたと言うのには同感致します。
    やはり、大名を統制する仕組み(参勤・改易などの幕府権力)と、将軍に助言する中老などの仕組みが確立していたのが大きいと存じます。

    • ひまなむじんくん
    • 2015年 10月 26日

    たぶん、家康は吉川ら毛利勢がが三成から寝返ってくる連絡待ちをしていたんじゃないかなと。
    関ヶ原では家康は吉川らの近くを通過してるわけですし。

    三成と輝元の関ヶ原以前のレベルでの作戦ミスだと思っています。家康を含めた彼らが関ヶ原に出てきた時点でもう決着はついたようなもんだったのでしょう。

    • 高田哲也
    • 2015年 10月 26日

    ひまなむじんくんさま、こちらもコメントありがとうございます。
    また、機会がありましたら、遠慮なくご投稿賜りますと幸いです。

  1. 2015年 9月 15日
  2. 2015年 9月 17日
  3. 2015年 9月 18日
  4. 2015年 9月 20日
  5. 2015年 9月 24日
  6. 2015年 10月 04日
  7. 2015年 10月 04日
  8. 2015年 10月 05日
  9. 2015年 10月 08日
  10. 2015年 11月 12日
  11. 2015年 11月 12日
  12. 2015年 11月 12日
  13. 2015年 11月 16日
  14. 2015年 11月 27日
  15. 2015年 12月 12日
  16. 2015年 12月 20日
  17. 2015年 12月 28日
  18. 2016年 1月 25日
  19. 2016年 1月 25日
  20. 2016年 1月 25日
  21. 2016年 1月 26日
  22. 2016年 2月 08日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る