高野山の徳川家霊台~重要文化財


スポンサーリンク
スポンサーリンク

高野山にある徳川家霊台は3代将軍・徳川家光が1643年に建立したもので、徳川家康徳川秀忠の霊が慰められています。

かつて大徳院の境内であったそうですが、現在は霊台だけが残っていますが、東の日光東照宮、西の高野山徳川家霊台と言われます。

 スポンサーリンク


拝観時間は8時30分~16時30分で、入口にて拝観料(大人200円)を支払い入場します。
なお、金剛峯寺の一部ですので、諸堂共通内拝券で利用するとお得で、ここでも購入できます。
見学所要時間は約10分となります。

高野山の徳川家霊台

日光東照宮の雰囲気もある一重宝形造り(いちじゅうほうぎょうづくり)の建物が2つ並んでおり、左が徳川秀忠の霊舎です。

高野山の徳川家霊台

下記である右側が徳川家康となっています。

高野山の徳川家霊台

東側にも、徳川家光以降の将軍や御三家を祀る尊牌堂(そんぱいどう)があったそうですが、明治21年(1888年)に焼失してしまったとの事です。

高野山の徳川家霊台への行き方ですが、高野山内路線バスですと「浪切不動前」バス停下車ですぐとなります。
駐車場はありませんが、バス通りの道路脇になんとか1台くらい止められるスペースがあります。ただし、土日祝は厳しいかも知れません。

下記の写真はおまけですが、バス通りの反対側にある「金輪塔」です。

高野山・金輪塔

ご近所に真田家ゆかりの蓮華定院もありますので、セットでどうぞ。

蓮華定院【真田昌幸と真田幸村が最初に蟄居した幽閉の地】高野山
豊臣秀次自刃の間(金剛峯寺)(豊臣秀次の記事の下部にて)
金剛峯寺と高野山の歴史~大門・壇上伽藍・金堂【世界遺産】
高野山・奥の院の戦国大名・武将などの墓碑特集
徳川家光とは~3分でわかる280年続いた徳川幕府のの基本政策
姫路・大阪・高野山3日間の旅【真田幸村のゆかりの地】総合計画編

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  4. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  5. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  4. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る