片倉城(東京都)~気軽に散策できる古城は毛利家に繋がった


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 片倉城は東京都八王子市片倉町にある比高30mの平山城で、最初は扇谷上杉氏の家臣・長井氏が築城したとされています。

 もともと八王子は、平安時代中期以降、武蔵七党・横山党の所領です。
 1213年の和田合戦にて横山党が没落してからは、大江広元の領地となりました。

 そして、室町時代に大江広元を先祖とする大江備中守師親、又は、長井時広が片倉城に在城又は築城したと言われていますが根拠には乏しく諸説あります。
 ちなみに、大江広元の4男は所領のうち相模国毛利庄(厚木市)を相続して毛利家の祖となる毛利季光でして、武功により安芸国吉田荘の地頭職を与えられると戦国大名の毛利元就、そして幕末の長州藩主・毛利敬親へと繋がって行ったのです。

 その後、戦国時代には、八王子街道と北野街道の抑えとして、小田原・北条家が砦として拡張工事したと考えられています。

 湯殿川と呼ばれる、いかにも武将伝説のありそうな川が眼下を流れています。

 スポンサーリンク


 その支流の兵衛川に挟まれた小比企丘陵の東端にあるのが片倉城です。

 麓には沼地になっており、現在、住吉沼と呼ばれ、池なども残っています。

 主郭と二郭が配置されており、北には腰郭があります。
 西側は平坦な丘陵地であるため、空堀で遮断する構造になっています。


 
 主郭の二郭間は鉤の手状に折れた大き目な空堀で区画されており、空堀中央部に設けられた木橋を防御する構造となっていたようです。

 主郭東面(16号側)には櫓台、張出部、横堀、横堀内の櫓台が設けられており、曲輪には住吉沼信仰から「住吉神社」があります。

 1569年、滝山城を攻撃されたあとに、北条氏照北条氏邦が、三増峠の戦いへと、片倉城を経由して出陣したと推定されていますが、武田信玄武田勝頼の部隊は、その前に片倉城の下を素通りしたと言う事になるかと存じます。

 太平洋戦争中には、二の丸に高射砲が設置された経緯もあり、城跡はだいぶ改変されてしまっていますが、麓から登ると少しは堅固な砦であったことが伺えます。

 散策マップ(PDF)はこちら

 見学所要時間は30分~40分といったところでしょうか?
 散策路は整備されていますので、子供連れでも大丈夫です。
 ただ、夏季は茂みがありますので、遺構を良く見たいのであれば、冬が良いかと。

 下記地図のポイント地点は無料駐車場の入口です。
 ただ、入口はわかりにくいですので、地図を良く見てお出かけください。
 近年、駐車場が新しくなりました。近くに新しいトイレもあります。
 なお、駐車場は朝9時~夕方17時までです。
 JR横浜線の片倉駅又は、京王線の京王片倉駅からも徒歩5分くらいで行ける城跡です。

滝山城の訪問記はこちら
八王子城の訪問記
余り知られていない小松城の訪問記
後藤将監屋敷跡と高山四郎時貞館跡【八王子市】
近くの浄泉寺城(近藤砦)もセットでどうぞ
八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで
城攻めのあとは片倉城近くの「竜泉寺の湯」で汗を流そう

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る