相木昌朝(相木昌友)~武田家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

相木昌朝(相木昌友)(1516~1567年)

 別名:相木市兵衛、相木能登守昌朝。

 相木氏は阿江木(あえき)氏とも言われ、小県郡依田荘(上田市)を発祥とし、清和源氏の流れを汲むする依田氏の一族と考えられている。長窪城主の大井貞隆の家老であったが、1484年村上政清・村上顕国(村上義清の父)が佐久に侵入し、大井城が攻略されてからは、相木氏は大井氏を離れ、佐久・相木城を拠点とした。

 兼ねてから村上氏を快く思っていなかった相木昌朝は武田晴信の呼びかけに内応し、1544年9月相木昌朝などの手引きで大井貞隆は武田に滅ぼされた。以後は武田晴信に仕え、武田信玄の信濃攻略において地の利を活かし数多くの戦功をあげる。騎馬80騎持ちの信濃先方衆として田口城主となり、甲府にも屋敷を構えることが許された。その後出家して相木常喜(又は相木常善)と称しているようだ。

 スポンサーリンク


 1561年には武田信玄が相木市兵衛に「善光寺を護り、善光寺平の治安を守るように」と命じたことから、1561年~1567年に相木市兵衛が老衰で死去するまで、長野市三輪に築いた相木城に居住したと言われている。また善光寺の東方、現在の長野市立城山小学校辺りに「相木城砦」も置かれたとも言う。

 相木市兵衛の後、相木城は次男の相木善量(相木七良右衛門善量)が引き継ぎ、相木善量は後に福井県相ノ木の祖となった。また相木市兵衛の長男、相木頼房(室は武田信廉の娘)の子孫は、佐久・南相木の名主として残り現在に至る。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。157…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る