有鹿姫(あるかひめ)~相模国の伝説のお姫様





有鹿姫(あるかひめ)

 小沢城金子氏・金子掃部助には悲話として有鹿姫伝説が残る。

 太田道灌に小沢城が攻撃され、城主・金子掃部助は、小沢城を捨てて敗走した。
 この金子掃部助には、美しい姫君がおり、姫は早くから有鹿の地(海老名の河原口)に住む海老名氏系の若君と婚約中で、海老名館に来ていたが「小沢城危うし」と言う声に、急いで小沢城に戻った。
 しかし、時すでに遅く父の金子掃部助は戦死、母は行方知れずと聞き、すっかり生きる望みを失った。覚悟を決めた姫は、見苦しい姿を人目にさらしたくないと、薄化粧をして、まだ燃えている小沢城を後ろに、天に向かって手を合わせると「ざぶん!」眼下の相模川に身を投げた。



 すると、美しかった姫の体は、たちまち恐ろしい大蛇に変わり、大きくうねりながら下流に向かって泳ぎ出した。途中、六倉という所で大きく身震いすると、相模川の水が舞い上がり、中津の原に大きな水たまりができた。
 さらに水しぶきを上げながら進み、河原口に近ずくと、姫は再び人間の姿に戻り、息絶えて有鹿神社の裏の河原に打ち上げられた。

 神社の氏子らは、海老名の地に嫁ぐ日を夢みていた姫の死を悲しみ、せめてもにと「有鹿姫」の名を贈り、神社の片隅に、その亡きがらを葬った。
 現在、海老名市の有鹿神社と有鹿小学校の間には、若くして散った有鹿姫をしのぶ碑が建てられている。

 ちなみに、1439年永享の乱で嫡流の海老名氏は滅亡しており、1477年の長尾景春の乱の時には、諸流と考えられる海老名左衛門が太田道灌と戦い討死している。のち、小田原北条氏の家臣にもなっていることから、諸流の血筋は耐えなかったと考えられる。

太田道灌が攻めた小沢城、小沢要害(相模国)
太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
海老名氏館跡と歴史を誇る有鹿神社【神奈川県海老名市】

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る