有鹿姫(あるかひめ)~相模国の伝説のお姫様



有鹿姫(あるかひめ)

 小沢城金子氏・金子掃部助には悲話として有鹿姫伝説が残る。

 太田道灌に小沢城が攻撃され、城主・金子掃部助は、小沢城を捨てて敗走した。
 この金子掃部助には、美しい姫君がおり、姫は早くから有鹿の地(海老名の河原口)に住む海老名氏系の若君と婚約中で、海老名館に来ていたが「小沢城危うし」と言う声に、急いで小沢城に戻った。
 しかし、時すでに遅く父の金子掃部助は戦死、母は行方知れずと聞き、すっかり生きる望みを失った。覚悟を決めた姫は、見苦しい姿を人目にさらしたくないと、薄化粧をして、まだ燃えている小沢城を後ろに、天に向かって手を合わせると「ざぶん!」眼下の相模川に身を投げた。



 すると、美しかった姫の体は、たちまち恐ろしい大蛇に変わり、大きくうねりながら下流に向かって泳ぎ出した。途中、六倉という所で大きく身震いすると、相模川の水が舞い上がり、中津の原に大きな水たまりができた。
 さらに水しぶきを上げながら進み、河原口に近ずくと、姫は再び人間の姿に戻り、息絶えて有鹿神社の裏の河原に打ち上げられた。

 神社の氏子らは、海老名の地に嫁ぐ日を夢みていた姫の死を悲しみ、せめてもにと「有鹿姫」の名を贈り、神社の片隅に、その亡きがらを葬った。
 現在、海老名市の有鹿神社と有鹿小学校の間には、若くして散った有鹿姫をしのぶ碑が建てられている。

 ちなみに、1439年永享の乱で嫡流の海老名氏は滅亡しており、1477年の長尾景春の乱の時には、諸流と考えられる海老名左衛門が太田道灌と戦い討死している。のち、小田原北条氏の家臣にもなっていることから、諸流の血筋は耐えなかったと考えられる。

太田道灌が攻めた小沢城、小沢要害(相模国)
太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
海老名氏館跡と歴史を誇る有鹿神社【神奈川県海老名市】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 28日


気になる戦国女性

  1. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  2. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  5.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  3. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る