一色藤長の解説 足利義昭の擁立に従った幕臣

一色藤長




一色藤長(いっしき-ふじなが)は、一色晴具の子で戦国時代の武将、室町幕府の御供衆となります。
一色氏は、清和源氏義国流で足利氏の一族となりますが、その一色氏も色々と分かれていて、一色藤長の場合には、式部少輔と御部屋衆を世襲した式部一色家の当主にあたります。

1537年、式部少輔となり、1544年には、室町幕府第13代将軍・足利義輝から、所領を与えられました。
1549年、父・一色晴具が喧嘩に巻き込まれて、喉に矢が刺さり死去すると、家督を継いで、細川輝経らと共に将軍・足利義輝の近くで仕えました。

1552年、従五位下となり「藤長」の名を受けています。
また、姉妹が足利義晴の側室・智徳院となったいたこともあり、御部屋衆から御供衆へと格上げになった模様です。


1562年、室町幕府の幕臣・伊勢貞孝が、松永久秀によって討たれると、所領の加増を受けています。

1565年、永禄の変で将軍・足利義輝が、二条御所にて殺害されますが、このとき、一色藤長は非番だったようで、難を逃れています。
その後、三好三人衆らによって興福寺に幽閉されていた一乗院覚慶を、幕臣の細川藤孝三淵藤英和田惟政、仁木義政、米田求政らと救出して、越前にも付き従ったようです。

その後、覚慶が還俗し足利義昭と改名し、織田信長によって上洛すると、一色藤長は諸大名との取次(外交)も務め、武田信玄らとの交渉も担当しました。

1573年、足利義昭が織田信長と対立し、槙島城から三好義継を頼って河内・若江城に逃れた時も、一色藤長は従っていたようです。
その後、足利義昭は、紀伊の興国寺に移ると、紀伊・泊城(芳養泊城)の湯川教春を頼りました。
鞆の浦へ足利義昭が移る際に、一色藤長は、紀伊に残って、工作を続けることを命じられたようですが、結果的に、数日後にあとを追っています。
そのため、一色藤長は足利義昭から、家臣の座を追放されたようで、代わりに真木嶋昭光が一色藤長の仕事を担当しました。

一色藤長は、毛利家の仲介を受けて、足利氏の家臣として復帰を試みましたが、許されず、細川藤孝を頼り客将となったようです。


一色藤長の没年は、1596年と伝わりますが、1600年の関ケ原の戦いでは、石田三成に味方したため、細川忠興の攻撃を受け、討死したとする説もあるようです。

子孫としては、一色範勝、一色範視、一色範風、一色範長と続いています。

細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名
三淵藤英とは 細川藤孝の異母兄・足利幕府の奉公衆の立場を貫く
足利義昭とは~信長包囲網など外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
槇島城 真木島昭光の居城を足利義昭が頼った歴史の舞台
紀伊・泊城(芳養泊城) 湯川氏の最初の本拠地と杉若無心

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る