富春寺~小山田出羽守富春開祖の小山田氏菩提寺



山梨県都留市小形山にある桂林山富春寺は、郡内領主・小山田出羽守富春の開祖の寺です。

ちなみに、小山田出羽守信有の開基ではないみたいですと言うか、小山田氏は世代に渡って同じ名前を称したり、官位も同じだったりするので、混同しやすく調べるのは本当に苦労します。

郡内・小山田氏の菩提寺とされる寺は、小生が知る限りで郡内に4寺ありますので、これまた分かりにくいのですが、富春寺は同じく小山田氏菩提寺である金井の臨済宗・富春山桂林寺の末寺となり、珍しい話ですが山号と寺号が反対になっています。



ちなみに、この富春寺(ふしゅんじ)も金井の桂林寺も、開基は同じ鷹岳宗俊禅師と小山田富春(小山田出羽守富春)とされます。

なお、武田重臣で有名な小山田信有も小山田出羽守信有と称していますが、小山田富春(小山田出羽守富春)に関しては色々と調べても、何時ごろの武将なのかも良くわかりませんでしたが、恐らくは1400年頃の中津森館主だと推測致します。

富春寺

富春寺の境内には、都留郡領主小山田氏菩提寺と言う石碑が建っています。
特に説明板などはありません。
また、本堂脇には小山田氏の墓所が現存するとの事ですが、すみません、あとで分かったので写真はありません。

富士急の田野倉駅から歩くと徒歩5分です。
また、高速バス(各停)の中央道小形山バス停からだと徒歩6分くらいです。
車の場合は、国道139号の田野倉信号から入って橋を渡りすぐです。
下記の地図ポイント地点に駐車場スペースがありますが、入り口の道はちょっと狭いです。(郡内の寺院はどこも道が狭いです。)

勝山城と谷村城(谷村館)の訪問記はこちら
小山田氏の中津森館と長生寺・桂林寺・用津院とは
岩殿城山~小山田信茂の難攻不落の山城
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康(とくがわ-いえやす)。 2020年のNH…
  4. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  5. 武田信広
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る