浜松城(引馬城、曳馬城、引間城)の観光攻略&訪問記・写真集


スポンサーリンク
スポンサーリンク

梯郭式平山城の浜松城(はままつ-じょう)は、もともと曳馬城(引馬城引間城)(ひくま)と呼ばれていました。
地形的には、三方ヶ原のある台地の突端にあります。
築城者は諸説ありますが、瀬名姫の先祖・今川貞相であるとされています。

 スポンサーリンク


曳馬城

先に現在の浜松城より古い曳馬城をご紹介致します。
下記の地図ポイント地点が曳馬城(引馬城)があったとされる浜松東照宮の場所です。

浜松城の無料駐車場から国道152号を渡ったとこの小高い丘の上です。
現在は浜松東照宮となっています。

曳馬城(引馬城)

1514年には、今川義元の家臣・飯尾乗連が曳馬城主となりましたが、織田信長桶狭間の戦いで今川義元を討ち果たすと、のちの城主・飯尾連竜が、今川氏真から謀反の疑いを掛けられ、1565年、曳馬城は今川軍の攻撃を受けて大きな被害をになったとあります。
しかし、陥落は免れ、和議を結んだ飯尾連竜は、その後、今川氏真に殺害されました。

その後の曳馬城は、飯尾連竜の未亡人・お田鶴の方(椿姫)が中心となり、飯尾家を守っていたようですが、1568年12月、岡崎城主・徳川家康が攻め込んで攻略した模様です。

浜松東照宮

武田信玄が駿府への進出を計るようになると、徳川家康は1570年に岡崎城を嫡男・松平信康に任せて、本拠地をここ遠江の曳馬城へ移し、拡張しました。

浜松東照宮

しかし、曳馬という名称が「馬を引く」、つまり敗北に繋がり縁起が悪いと言う事で、かつてこの地にあった荘園である浜松荘の名から城名・地名とも「浜松」と改めたのです。

引馬城の案内板

浜松城

1573年、武田信玄は浜松城を無視して西へと進軍。この時は、挑発された徳川家康は浜松城から打って出ますが、三方ヶ原の戦いで大敗北しています。

浜松城

浜松城の改修工事は1582年ごろに終わったようですが、1586年、徳川家康は本拠地を駿府城に移しました。
徳川家康の浜松城在城期間は29歳から45歳までの17年でした。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めで、徳川家が関東に移ったあとには、堀尾吉晴が浜松城に入り、大きく改修されたようです。
関ヶ原の戦いの功績で出雲の富田に移封されると、その後は、徳川頼宣や譜代大名が入れ替わり入っています。
その浜松城主となった大名が、5万石ながらも次々と幕府の重役に出世したことから「出世城」とも呼ばれたそうです。

各写真はクリックすると拡大します。

若き日の徳川家康公の銅像

浜松城の本丸に「若き日の徳川家康公の銅像」があります。

浜松城の天守門

浜松城の天守門は天守曲輪の大手に、2014年3月に復元されました。

浜松城の井戸

銀明水と呼ばれている井戸。

浜松城の野面積み石垣

浜松城の天守曲輪は、ほぼ戦国時代のままの野面積みの石垣が残っています。

浜松城の天守閣

天守は模擬天守です。

浜松城

天守からの展望です。

浜松城の天守閣地下にある井戸

穴蔵と呼ばれる天守閣の地下には「井戸」があります。

浜松城

浜松城の城域図

有料拝観の天守閣を含めて、観光所要時間は約40分です。多少ですが階段があります。
また、曳馬城とされる浜松東照宮も見学される場合には移動時間も含めてプラス15分となります。
浜松城のアクセスですが、東海道新幹線/JR東海道本線の場合、JR浜松駅から徒歩約20分。遠州鉄道鉄道線の新浜松駅からは徒歩約20分です。
JR浜松駅の観光案内所にてレンタルサイクルもあります。
車の場合は、浜松城公園駐車場が無料で、117台。
駐車場の地図は下記の旅行記をご参照願います。

今川氏親と北川殿~今川家の危機を乗り越え遠江を手中に収めた絆は強し
浜松城の駐車場情報など
三方が原の戦いの詳細はこちら
桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
松平信康と徳姫~小田原・万松院にある松平信康の供養塔
松下源太郎とは~井伊直政の母が再嫁した松下清景と井伊家の関係
堀尾吉晴とは~仏の茂助と呼ばれた豊臣家最古参の名将
岡崎城とは~徳川家康誕生の城を一度は見よう・駐車場情報など
井伊直虎ゆかりの地を観光するお勧めスポット【おんな城主・直虎】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  5. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。…
  2.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  5. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る