山本信供、山本十左衛門、山本鉄以【山本勘助の子孫】



山本勘助には子がいたとされるが、その実在も含めて不確定でわからないことが多い。

「甲斐国誌」によると山本勘助の子として山本信供(山本勘蔵、山本勘蔵信供)の名が見られ1556年に高根で生まれたとされる。山本勘助の実子なのか養子なのかなどは定かではない。
長篠の戦いでは高坂昌澄らと長篠城の監視隊として赴いていたが、武田勝頼本陣より設楽原に集結せよと命じられる。集合地点に到着した時にはすでに武田は総崩れ。山本信供は単騎で徳川家康本陣を目指したが渡辺半蔵守綱に討ち取られた。享年20歳。



「武功雑記」に記述の記述では山本勘助には関山派の僧となった子もいたとされる。ただし、史料としての信憑性は低い。山本を名乗っていた別の武田家臣・山本九郎左衛門の次男・山本良天は出家し、恵林寺の僧となっている。これを山本勘助の次男と誤ったとも考えられる。

毛利家の信憑性が高い史料「閥閲録」によると、姓名はわかっていないが山本勘介の孫は毛利元就に仕え、その子・山本勝次郎(山本勘助の曾孫)も毛利家に仕え、山本勘介の武名は毛利家でも知られており、子孫は優遇されたとある。こちらは事実である可能性が高いが、山本勘助の子の名は不明である。

また、山本勘助の娘に婿養子があったようで、山本十左衛門の名が見られる。
武田氏滅亡後は徳川家康に仕えて、旧領を安堵されたと言うが真偽は不明。

また、山本勘助には京都妙心寺の僧になっていた山本鉄以(山本勘市)と言う子がおり、この山本鉄以(山本勘市)が甲陽軍鑑の編集に携わったとされるが、実在も含めて不明である。

山本勘助~武田勢の軍師・風林火山 【山本勘助の墓も】
実際の山本勘助~どのような人物だったのか?
名軍師と伝わる山本勘助~その謎に満ちた生涯に迫る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 01日


気になる戦国女性

  1. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  2. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  3. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  4. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  2. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る