片倉家御廟所の訪問記【白石】~片倉小十郎の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

白石城に西となる愛宕山の中腹に片倉家御廟所があります。
駐車場から登れる階段を上っていくと、一般の墓地に出ます。

その一般墓地を通り抜ける道をずっと進み、山の方へ折れて行った先に、静かな廟所があります。

 スポンサーリンク


この廟所を作ったのは、3代・片倉景長と言う事です。

病身を押して巡視した際に、白石城が見える愛宕山を片倉家代々の墓所と決め、1680年10月14日、初代・片倉景綱の命日の日に傑山寺から、片倉景綱(片倉小十郎)と片倉重長の墓を改葬しました、
片倉景長も翌年病死し、ここに葬られています。

片倉家御廟所

杉の老樹がうっそうと茂る中に、10体の阿弥陀像と1基の墓碑が整然と並んでいます。
下記は片倉小十郎の墓?だと思います。

片倉小十郎の墓

片倉家御廟所には、片倉家の歴代城主の墓と、7代・片倉村兼夫人の廟所があります。
ただし、みんな似た形をしているので、正直なところ、どれがどなた様だかは良く分かりませんでしたが、丁重にお参りさせて頂きました。

片倉家墓所

白石城主の夫人は、ここではなく傑山寺や当信寺などに葬られていますが、7代・片倉村廉の正室は、仙台藩主・伊達吉村の息女・お郷(昌子夫人)と言う事で、城主同様の墓標としてここに葬られました。

また、廟所の傍らには、初代・片倉景綱(片倉小十郎)に殉死した、家臣6名の墓碑もあります。

片倉家の家臣6名の墓碑

下記は片倉家惣家中の碑です。

片倉家惣家中の碑

片倉家御廟所がある場所は、白石城からだと徒歩約15分です。
無料駐車場と、駐車場に男女共用トイレがあります。
下記の地図ポイント地点がその駐車場で、駐車場脇の階段から徒歩で約2分といったところです。

なお、この付近には、他にも田村家の墓所と、片倉喜多の墓などもあります。
田村家の墓には、真田幸村の娘の墓と、真田幸村供養塔もあります。

片倉家墓所の案内図

と言う事で、田村家の墓や片倉喜多の墓は、下記より別ページをご覧願います。

片倉喜多の墓~伊達家を支えた片倉喜多
白石にある真田幸村の墓と阿菖蒲の墓【田>村家墓所】
片倉景綱と片倉重長~智勇と温情を兼ね備えた片倉小十郎
当信寺~阿梅の方の墓と真田大八の墓【白石市】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 ま…
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る