前田美津と和泉局(お菊)~かぶき者慶次





NHKの木曜時代劇「かぶき者慶次」にて、女優の江波杏子さんが演じる、前田美津

この記事の執筆時点では、前田美津の役どころがまだ不明なのですが、推測するに、前田慶次の正室?でしょうかね?

前田慶次の妻は、七尾城主・前田安勝の娘です。
織田家の家臣であった前田家は、長男・前田利久、次男・前田安勝、そして3男が前田利家でした。

前田利家豊臣秀吉から越前府中を与えられると、この時、兄らは前田利家の家中に入ったようで、特に、前田安勝は七尾城主として13500石となって能登を任されました。

ただ、前田慶次の妻となった前田安勝の娘の名や生没年などは不詳です。



「かぶき者慶次」にて江波杏子さんが演じる、前田美津は、果たして悪女なのか?、それとも夫を陰ながら支える良妻賢母なのか?
なかなか興味が注がれるところですが、どうも、前田慶次に勝るとも劣らない「女かぶき者」と言う設定なようです。

和泉局(お菊)

一方、前田美波里さんが演じる和泉局・お菊ですが、この女性も実在したのか調べましたが、不明です。
阿茶局をモデルにしているのかもしれません。
なお、テレビ放送においては、徳川幕府の大奥で権勢を振るっている女性のようで、昔、前田慶次となんらかの接点があったようです。
しかし、上杉家が取つぶしになるのを望み、老中・久保田備前守忠常(久保田忠常)に命じているのです。

かぶき者慶次 出演者一覧情報

七尾城 畠山義統と畠山義総 上杉謙信との七尾城の戦い

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  4. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  5. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2. 筒井順慶
    筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  5. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康(とくがわ-いえやす)。 2020年のNH…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る