近藤秀用【井伊谷五近藤家の祖】





近藤秀用(こんどう-ひでもち)は、近藤康用の子として1547年に生まれた。通称は近藤勘助、近藤登助、近藤平右衛門。
母は黒田久綱の娘、または鈴木六郎三郎の娘。

近藤秀用は徳川家康の家臣として、西遠江の案内役を務め、武田勝頼の侵入防止を担当し、長篠の戦いでも活躍した。

その後、姉川の戦い三方ヶ原の戦い小田原攻めなどで軍功を挙げ、特に小田原征伐では豊臣秀吉からも賞賛されている。

徳川家康の命であった為、それまで井伊直政の与力として働いてきたが、これまでの功績を元に、徳川家康の直臣になることを模索する。
しかし、井伊直政に相当妨害されたようで、ついには、井伊直政から暗殺されそうになり、出奔して伊勢へ逃れたが、これは徳川家康への反抗とみなされた。
※最近の研究では、弱体化していた井伊家の重臣は、直接徳川家康が人事を行っており、井伊直政も勝手な人事はできなかったようである。



1600年の関ヶ原の戦いで奮戦した井伊直政が、その傷が元で1602年に死去。

すると徳川秀忠が近藤秀用を槍奉行として召し出し、上野・青柳に5000石を与えた。
娘は、米倉某の妻、小笠原権之丞の正室(のちに九鬼長兵衛の妻)、由良貞繁の正室となっている。

1603年には、池田輝政の仲介により、ようやく徳川家康の許しが出て、1614年、相模国内にて1万石に加増され、小田原城番となった。

大坂の陣でも武功を挙げると、1619年、遠州引佐郡井伊谷へ転封となり、15000石として井伊谷藩が成立し、大名に列する。
1621年、2000石が加増されたが、ここで近藤秀用は、17000石の所領を子の近藤季用(5400石)、近藤用可(3400石)、近藤用義(5000石)ら五家に分割譲渡したため、1代で大名家ではなくなった。

近藤秀用は1625年に石見守となると、1631年2月6日に85歳で死去した。
墓所は東京都文京区本郷の大安寺。

なお、旗本3400石となった近藤用可は、気賀近藤家として明治まで続いた。

父・近藤康用【井伊谷三人衆】についてはこちら

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 稲葉一鉄
    稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の美濃・本…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る