小泉長利~朝倉家譜代の奉行衆





小泉長利(こいずみながとし)は、越前・朝倉家の譜代家臣で、祖先は大和興福寺衆徒の箸尾家だと推定されている。
通称名は小泉藤左衛門尉。

小泉長利は朝倉義景に仕えて活躍し、早くから朝倉景連、河合吉統、前波景定らと共に一乗谷奉行職として国政を担当したと考えられる。
書状などで名が最初に見えるのは1550年5月に、朝倉景定と連署したもので、その後ね1564年6月17日発給の連署を最後に名が見えなくなるので、この直後に死没したと推測される。

なお、子・小泉長治は朝倉家の滅亡後、織田信長に降った旧朝倉家臣で縁戚の溝江長逸を頼った。
しかし、1574年2月19日に一向一揆の襲撃を受けて、溝江家の館にて篭城し応戦したが、溝江長逸と運命を共にしている。(行方不明になったとも?)

テレビドラマ「信長協奏曲」においては、小泉景邦と言う朝倉家の武将が登場したが、小泉長治と山崎景邦を掛けあわせた架空の武将だと推測される。




朝倉義景とは~一乗谷朝倉家百年の栄華
越前・朝倉山城と朝倉景連
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 稲葉一鉄
    稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の美濃・本…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る