小泉長利~朝倉家譜代の奉行衆


スポンサーリンク
スポンサーリンク

小泉長利(こいずみながとし)は、越前・朝倉家の譜代家臣で、祖先は大和興福寺衆徒の箸尾家だと推定されている。
通称名は小泉藤左衛門尉。

小泉長利は朝倉義景に仕えて活躍し、早くから朝倉景連、河合吉統、前波景定らと共に一乗谷奉行職として国政を担当したと考えられる。
書状などで名が最初に見えるのは1550年5月に、朝倉景定と連署したもので、その後ね1564年6月17日発給の連署を最後に名が見えなくなるので、この直後に死没したと推測される。

なお、子・小泉長治は朝倉家の滅亡後、織田信長に降った旧朝倉家臣で縁戚の溝江長逸を頼った。
しかし、1574年2月19日に一向一揆の襲撃を受けて、溝江家の館にて篭城し応戦したが、溝江長逸と運命を共にしている。(行方不明になったとも?)

テレビドラマ「信長協奏曲」においては、小泉景邦と言う朝倉家の武将が登場したが、小泉長治と山崎景邦を掛けあわせた架空の武将だと推測される。

 スポンサーリンク



朝倉義景とは~一乗谷朝倉家百年の栄華
越前・朝倉山城と朝倉景連
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  3. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  4. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  5. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る