小泉長利~朝倉家譜代の奉行衆



小泉長利(こいずみながとし)は、越前・朝倉家の譜代家臣で、祖先は大和興福寺衆徒の箸尾家だと推定されている。
通称名は小泉藤左衛門尉。

小泉長利は朝倉義景に仕えて活躍し、早くから朝倉景連、河合吉統、前波景定らと共に一乗谷奉行職として国政を担当したと考えられる。
書状などで名が最初に見えるのは1550年5月に、朝倉景定と連署したもので、その後ね1564年6月17日発給の連署を最後に名が見えなくなるので、この直後に死没したと推測される。

なお、子・小泉長治は朝倉家の滅亡後、織田信長に降った旧朝倉家臣で縁戚の溝江長逸を頼った。
しかし、1574年2月19日に一向一揆の襲撃を受けて、溝江家の館にて篭城し応戦したが、溝江長逸と運命を共にしている。(行方不明になったとも?)

テレビドラマ「信長協奏曲」においては、小泉景邦と言う朝倉家の武将が登場したが、小泉長治と山崎景邦を掛けあわせた架空の武将だと推測される。




朝倉義景とは~一乗谷朝倉家百年の栄華
越前・朝倉山城と朝倉景連
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…

人気の戦国武将

  1.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  3. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る