山崎景邦 山崎左近将監 富田景政 富田重政 剣術に優れた朝倉武将

戦国武将列伝Ω




越前・朝倉家には優秀な剣術を持った武士を何名も輩出している。
ますば、朝倉家に仕えた山崎景邦と言う剣士から紹介してみたい。

山崎左近将監

山崎左近将監(やまさきさこんしょうげん)は、父・山崎景邦から中条流の剣術を指南され、富田流三家の一つ山崎流(中条山崎流)の祖となった。
朝倉義景が亡くなると、前田利家に仕えた。
名は山崎景成。通称は、のち山崎五郎右衛門。

富田景政

同じ、朝倉家家臣の富田景家(富田流小太刀の祖)がいたが、嫡男・富田勢源は剣術に非常に優れた武将で、一刀斎の師鐘捲自斎、佐々木小次郎らが弟子門人となっている。
しかし、眼病を患い、剃髪した為、次子の富田景政が家督を継いだ。
朝倉義景が自刃して、朝倉家が滅亡すると、富田景政(富田治部左衛門景政)は前田利家に仕えた。
賤ヶ岳の戦いで子の富田景勝が討死すると、同じく朝倉氏に仕えていた山崎景邦より養子を迎えた。この養子が後に「名人越後」と称される富田重政である。
富田景政は1596年に豊臣姓を下賜されている。
弟子には一刀流の流祖・伊藤一刀斎の師となる鐘捲自斎(富田勢源の弟子との説もある)がいるが、豊臣秀吉の甥・豊臣秀次に剣術を指南したと言う。



富田重政

1554年に誕生した、富田重政(富田越後守重政)の父は山崎景邦。
本名は山崎与六郎、のちに山崎六左衛門、山崎大炊と名乗った。

富田景政から中条流の剣術を学んだ。前田利家に100石で仕えていたが、1583年、佐々成政との末森の合戦で戦功を挙げ、富田景政の娘を妻と結婚して養子に入り、富田流を継いだ。
その後も小田原攻めなどの合戦で手柄を立て、関ヶ原の戦いでは丹羽長重と刃を交えた戦功から13670石の大身となり、人持組頭に就任。
1603年に隠居したが、60歳の老齢でも前田利常に従って大坂の陣に参戦し首級19を挙げたと言う。
このように富田重政の剣は越後の名人と言う意味で「名人越後」と称された。
また、2代将軍・徳川秀忠に兵法について言上もしている。
1625年に72歳で死去。

富田長繁とは~武勇に優れた猛将も一向一揆と家臣らの統制は失敗した?
巌流「佐々木小次郎」の謎が多い生涯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  2. 戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)。 武田信玄が勝利した…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  5. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る