山崎景邦 山崎左近将監 富田景政 富田重政 剣術に優れた朝倉武将

戦国武将列伝Ω


越前・朝倉家には優秀な剣術を持った武士を何名も輩出している。
ますば、朝倉家に仕えた山崎景邦と言う剣士から紹介してみたい。

山崎左近将監

山崎左近将監(やまさきさこんしょうげん)は、父・山崎景邦から中条流の剣術を指南され、富田流三家の一つ山崎流(中条山崎流)の祖となった。
朝倉義景が亡くなると、前田利家に仕えた。
名は山崎景成。通称は、のち山崎五郎右衛門。

富田景政

同じ、朝倉家家臣の富田景家(富田流小太刀の祖)がいたが、嫡男・富田勢源は剣術に非常に優れた武将で、一刀斎の師鐘捲自斎、佐々木小次郎らが弟子門人となっている。
しかし、眼病を患い、剃髪した為、次子の富田景政が家督を継いだ。
朝倉義景が自刃して、朝倉家が滅亡すると、富田景政(富田治部左衛門景政)は前田利家に仕えた。
賤ヶ岳の戦いで子の富田景勝が討死すると、同じく朝倉氏に仕えていた山崎景邦より養子を迎えた。この養子が後に「名人越後」と称される富田重政である。
富田景政は1596年に豊臣姓を下賜されている。
弟子には一刀流の流祖・伊藤一刀斎の師となる鐘捲自斎(富田勢源の弟子との説もある)がいるが、豊臣秀吉の甥・豊臣秀次に剣術を指南したと言う。



富田重政

1554年に誕生した、富田重政(富田越後守重政)の父は山崎景邦。
本名は山崎与六郎、のちに山崎六左衛門、山崎大炊と名乗った。

富田景政から中条流の剣術を学んだ。前田利家に100石で仕えていたが、1583年、佐々成政との末森の合戦で戦功を挙げ、富田景政の娘を妻と結婚して養子に入り、富田流を継いだ。
その後も小田原攻めなどの合戦で手柄を立て、関ヶ原の戦いでは丹羽長重と刃を交えた戦功から13670石の大身となり、人持組頭に就任。
1603年に隠居したが、60歳の老齢でも前田利常に従って大坂の陣に参戦し首級19を挙げたと言う。
このように富田重政の剣は越後の名人と言う意味で「名人越後」と称された。
また、2代将軍・徳川秀忠に兵法について言上もしている。
1625年に72歳で死去。

富田長繁とは~武勇に優れた猛将も一向一揆と家臣らの統制は失敗した?
巌流「佐々木小次郎」の謎が多い生涯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  5. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、長宗…
  3. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  4. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る