新田義貞誕生の地伝説と「南総里見八犬伝」の一族の里見城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼源義家(源八幡太郎義家)の三男・源義国の息子は、それぞれ領地をもらって、新田と足利に別れている。
長子・源義重(新田義重)は、現在の高崎市西部から安中市板鼻あたりを領地とした。
同時期に新田郡(太田市)を開墾して新田姓に改姓している。
異母弟の足利義康は、栃木県足利の庄を相続した。
こちらの子孫からは足利尊氏が登場する。

▼いろいろ大人の事情もあって、足利氏のほうが後世は源氏の嫡流とみなされるようになった。
だから新田氏とはしっくりいかなくなった。

▼新田義重には5人の息子がいたらしい。
長幼の順より産んだ母親の地位によって相続が異なる時代だ。
大人の事情で、新田本家は三男・新田義兼がついだ。
だから長男・義俊はここに土着して里見氏に改姓した。
めんどくさいが、当時はそんな具合だ。

 スポンサーリンク


▼里見義俊の別の弟に四男、得川(とくがわ)四郎(=世良田義季ともいう)がいる。
のちの江戸幕府を開いた徳川家康は、この世良田義季の子孫と称して源氏の流れをひく徳川(得川)氏に「復姓」している。
松平家の養子に入って家運を上げた徳阿弥(松平親氏)が、世良田氏の裔だと名乗っていたようだ。
改姓したのは、当時独立したばかりの家康にとって、三河統一に必要な肩書き「三河守」に任官するため。
「三河守」になるには、朝廷内の前例などめんどくさい事情をクリアする必要があって、そのための方便の改姓で、源氏にこだわったわけでもなさそうだ。
余談だが、現在の徳川一族の戸籍は「德川」の文字を使う。

▼足利尊氏の最大のライバル・新田義貞は、里見義俊から五代後の忠義の子で、
新田の惣領家・朝氏に実子がないことから養子となって新田小太郎義貞と改めた、という説がある。
だから義貞は里見氏の出自でもあるということになり、国道406号脇に「新田義貞誕生の里」とさりげなく宣伝柱が立っているところが奥ゆかしい。
新田本家はこの後絶えている。


鎌倉北条氏の打倒の兵を新田郡生品神社であげた新田義貞も、いったんこの里見の地に止まり、味方の集合を待ってから鎌倉に進軍したと伝わる。
ともかく、知る人もあまり知らぬ「新田源氏の聖地」らしい。

▼新田義貞が足利氏と戦って越前で討ち死にしたとき、里見氏当主の里見時義らも討ち死にしてしまう。
時代は下り、足利6代将軍義教の治世に「永享の乱」などの関東の争乱が起る。
「結城合戦」で里見家基は討ち死にし、その子義実が安房に落ち延びるが、世は戦国時代に入っていき、これが房総の「戦国大名・里見氏」となっていく。
『南総里見八犬伝』のモデルで有名ですね。

▼漬け物工場の脇にある「里見城跡入口」の目立たない看板が前から気になっていた。
残っている城跡は明らかに戦国時代の丘城(崖端城)の形式だ。
里見氏の館がこの位置にあったのだとすれば、永禄年間に武田信玄がこの地域に攻め込んだ際に、箕輪長野氏に先立って落城し、そのころの姿を最後に廃城されたものであろう。

里見城跡入口

▼主郭はぼぼ方形の姿をとどめていて、高崎市教育委員会の案内板が建っている。
民有地らしいが、草刈りがきれいに為されていた。
低い土居と堀の跡が認められる。
外曲輪北側に顕著な土居があったとされるが、昭和49年の大規模な崩落で失われたれ、現在の神社付近は城館時代の遺構をとどめていない。

里見城

▼高崎市下里見「里見城跡」へのアクセスは分かりやすい。
高崎市街から国道406号を西へ向う。「下里見」の信号をこえてすぐに左上方へ市道を登っていく。
赤い大鳥居が目につくから分かる。
城址の鬼門に当る一角に、立派な「城山稲荷神社」が建っている。

城山稲荷神社

クルマが置けるのはその辺りだけだろう。
下記の地図ポイント地点辺りが、駐車場として車を置ける付近となる。

シニアの山城マニアがひとり自転車で訪れていて、しばし山城談議に花が咲いた。

(寄稿)柳生聡

新田義貞とは~鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地】
里見義頼と里見義康とは~安房・館山城と共に歩んだ里見家のその後は?
久留里城~南総里見氏全盛期の本拠地に気軽に登ろう
大多喜城と良玄寺の本多家墓所~本多忠勝と本多忠朝の墓
里見忠義と正木時茂 倉吉の大岳院~里見八犬伝発祥の地
足利尊氏~人望で逆境に打ち勝った室町幕府の創始者~
杣山城~新田義貞も立て籠もった越前の山城
越前・藤島城~藤島の戦いと新田義貞最後の地である燈明寺畷




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  4. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…
  5. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。海を活用…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  4. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  5. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る