真田於菊とは【真田昌幸の5女で滝川一積の正室】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。
 真田信之真田信繁らの妹に当たる。生年は不明。
 母は側室のお徳。

 母・お徳はお菊を身ごもったため、樋口角兵衛によって殺害されそうになる。
 その為、真田幸村に護衛されて、鈴木主水が城主の名胡桃城に移った。

 しかし、北条勢が名胡桃城を落城させた際、上田城に知らせようと脱出を試みたが、お徳は敵兵に射られて、お江(女忍者)の見守る中亡くなる。

 その為、於菊は上田城に引き取られ、山手殿によって養育を受けた。

 お徳ゆずりの豊かな体つきで、ふっくりと愛らしい面立ちであったとされる。

 スポンサーリンク


 そして、石田三成の妻の従兄弟(頼忠の兄・尾藤知宣の子)・宇多頼次に嫁ぎ、真田家と石田家は縁戚となる。
 これが、真田昌幸が石田三成の西軍に属した理由の1つともされている。

 関ヶ原の戦いの際、夫・石田頼次(宇多頼次)は、石田三成に殉じて佐和山城で自刃したため、その後、滝川一益の孫・滝川一積(滝川三九郎)に嫁いだ。
 この滝川一積は、父・滝川一忠が豊臣秀吉から追放を受けたあと、真田昌幸を頼っていたとされ、真田昌幸が娘の於菊を託したようで、そのまま正室となった。
 のち、滝川一積は徳川家の旗本1000石となっている。

 1615年に真田幸村が死去したあとには、真田幸村の娘・あくり(あぐり)を滝川一積は養女として迎えており、伊予松山藩家老・蒲生郷喜に嫁がせた。

 しかし、1632年にそれらの事を咎められて幕府使番の職を解かれている。

 於菊は1666年5月に死去した。

 →滝川一積に関してはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

    • 退治朗
    • 2016年 12月 28日

    初めまして、こんばんは!

    御菊こと趙州院は結構、長生きしたんですね。現在、CSで「真田太平記」を視聴中ですが、
    こちらには出てきて、「真田丸」には出てこない配役ですね。

    「真田丸」と「真田太平記」を比較しながら見ていると配役というか登場人物の違いが
    分かりますね。

    • 高田哲也
    • 2016年 12月 29日

    退治朗さま、この度はコメントを賜りまして、誠にありがとうございます。
    ドラマは創作ですが、真田丸も色々と楽しめましたね。
    ありがとうございました。

  1. 2015年 9月 07日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…

人気の戦国武将

  1. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る