謎の謎の小山有高・小山経隆

戦国武将列伝Ω

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 現在の相模原市と町田市にまたがる小山に館を構えたと考えられる横山党?「小山氏」については不確定要素が多く、良くわかっていません。このページではそんな小山氏の諸説を検証します。
 栃木の小山氏とは全く別の系統の話ですので、念のため記載致します。

小山有高

 1190年10月に源義経が上洛した際の御家人に相模小山太郎と言う名があります。
 その人物が小山有高(小山太郎有高)とされ、小山城に居住したとする説があります。
 この小山有高の名は、横山党の系図には見られません。ただし、横山党一族に名が見られる小山経隆の子・小山有隆と称されており、漢字が異なるだけで呼び名同一であることから、小山有高=小山有隆(菅生有隆)と考えるのが一般的です。
 そうなると小山有隆(菅生有隆)の父は小山経隆であり、実際には横山党出身の父である小山経隆が小山姓であることから、父の小山経隆が最初に小山を有したと言えると私は考えます。

 スポンサーリンク


 ただし、気になることが1点あります。
 1185年に源氏が再興支援した威光寺の寺領を小山有高が不正に占拠したとして、返納するようにとの源頼朝の命令が見られます。
 結果的に小山有高は返上したようですが、威光寺は現在の妙楽寺で川崎市多摩区長尾にあります。
 町田市小山から、多摩区長尾の間には、小野地、小山田と言った秩父党小山田氏を中心とした勢力があり、小山有高が、町田の小山に住んだとしたら、小山田氏勢力を飛び越えて多摩区長尾の威光寺領を飛び地の様に、なぜそんな遠隔地を占拠したのか理由が良くわかりません。
 ただし、小山有隆は菅生有隆とも呼ばれていることから、この威光寺の寺領問題が発生した頃には、小山ではなく菅生を支配していたと考えるのが適切なような気が致します。
 菅生と長尾はまさに隣村です。よって、理由は分かりませんが、小山から菅生に移り住んだと考えられると存じます。

 小山田荘(小山田城)には小山田有重が横山党出身の母の旧領地を相続して、1171年が入ったと言いますので、小山田有重が町田市や多摩市を支配していたほぼ同時期に、小山有高=小山有隆(菅生有隆)は存在したと考えられます。
 そうなると今度は、なぜ小山田氏の領地とも言える菅生を小山有隆(菅生有隆)が領する事ができたのか疑問が残ります。
 小山田氏の子は、小野路城枡形城、程谷(保土ヶ谷)などを領しています。要するに、町田市、多摩市、稲毛荘(稲城市)から川崎市一帯、横浜市北部一帯は小山田氏の領地と言え、その領地内と考えられる菅生や小山を小山氏が住んでいた事になります。単に、小山田氏と親戚だったから住んでいたとも考えられますが、小山の地は、小山田城のすぐ隣と、隣接した場所でもあります。
 もしかしたら、小山有高(小山太郎有高)=小山有隆(菅生有隆)は、小山田有重そのものとも考えてしまいますが、ひょっとしたら、菅生を知行していた小山田家の娘と結婚して、婿養子に入ったとも推測できます。

 1195年の南都着御の際の供養の列に相州小山四郎の名があります。

 和田合戦の戦死者に小山有隆(菅生有隆)、小山次郎、小山四郎の名があります。
 よって小山氏は滅亡したと言われていますが、小山田有高は和田合戦に出陣したと言う形跡が見られません。

横山孝兼
(横山隆兼)
(小野孝兼)
小山経隆
(小山次郎経隆)
小山氏の祖?


小山有隆
(菅生有隆)
小山有高と同一人物か?

娘(江戸重継に嫁ぐ)
秩父党江戸氏とも親戚に
娘・荻野季重に嫁ぐ

 相模国海老名氏の一族・本間氏の系図では、横山孝兼の2男・小山経隆(小山次郎経隆)の娘が荻野季重(荻野五郎季重)の妻になったとあります。
 他にも小山経隆には娘があり、1人は秩父党・江戸重継に嫁ぎ、嫡男・江戸忠重を生んでいます。
 また、小山経隆には他にも娘がおり、渋谷氏などにも嫁いでいます。
 息子は小山有隆(菅生有隆)、小倉経久、小倉有経などの名も出てきます。
 上記のように、小山経隆に関しては、横山党の系図にハッキリと出ており、その存在が明らかです。

 一般的には小山経隆の子と考えられる小山有高(小山有隆=菅生有隆)が小山に最初に住んだとされていますが、横山党の党首・横山孝兼の実際の2男は藍原孝遠であり、4男の小山経隆は、兄弟に相原氏がおり、小山経隆は最初に「小山姓」で呼ばれていることから、恐らくは相原の隣の地である小山に小山経隆が最初に住んだと私は考えております。

 → 小山城について

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 4月 21日
  2. 2015年 4月 21日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  3. 高知城
    高知城(こうちじょう)は、別名を鷹城(たかじょう)とも言う、梯郭式平山城です。江戸時代に建造され…
  4. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る